« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

追悼 「ガッチャンPhoto Book」完成。

8月に愛猫の一匹が、病魔に勝てずに天国へ旅立ってしまった。
「ガッチャン」と名付けられた、このお転婆娘は他の二匹とともに小学校の正門の脇に捨てられていた。我が家の一員となって14年、いつも家族に笑いと元気と和みを与え続けてくれた。その想い出を残すために、「Photo Book」を制作した。

綴じ手帳から発想を得たこの冊子は、A5判32ページという構成で、久しぶりに「台割り」と「束見本」作業に格闘、昔の写真を選びながら、懐かしいひとときを持つことができた。

ありがとう ガッチャン。

合掌

132

231

Photo_b01

2011年9月28日 (水)

初挑戦! 「up to date」リフィルをA5判にサイズ拡大。

「up to date」という日々の出来事を記録するリフィルが、書きとめるだけではなく、いろいろな資料を貼り付けるようになってから、バイブルサイズに窮屈さを感じ始め、行き着いた結論はA5サイズに拡大することだった。試作したA5サイズは、悩みを一気に解消することができ、あとはこのリフィルをどのように携行するかが問題となった。バインダーでは嵩張りすぎるので、文具店を探し回った結果、「KINGJIM 1891」ノートカバーにたどり着いた。厚さ、重さ、硬さ、質感、マグネット留め具、考えられたポケットの工夫、手頃な価格などで満足している。

Uptodate_a5_omote_2

Kingjim_1891

Dsc03947

下はバイブルサイズの「up to date」リフィルの状況

Dsc03950

2011年9月13日 (火)

YouTube de カバー曲コレクション その14

あさみちゆき  喝采 3:14   
由紀さおり  星に願いを 3:36
由紀さおり  ジョニーへの伝言1974 3:25   
ウド・ユルゲンス  別れの朝 3:31(原曲)
フォレスタ  別れの朝 3:58   
工藤江里菜   別れの朝 3:04   
布施明  別れの朝 2:38   
世良公則  別れの朝 5:20
前川清  別れの朝 3:14
門倉有希  別れの朝 3:49
辛島美登里  言葉にできない 3:32
矢野真紀  言葉にできない 4:57
倉橋ルイ子  言葉にできない 7:21
ATSUSHI  言葉にできない 4:26
手嶌葵  元気を出して 3:52
大杉久美子  遠い世界に 2:33
西岡たかし  遠い世界に 4:49
矢野真紀  遠い世界に 3:58
奥華子  なごり雪 1:52
鬼束ちひろ  なごり雪 3:45
酒井法子  ほほにキスして 3:07
小柳ルミ子  昴 1:48
小柳ルミ子  なごり雪 3:43
Trish Thuy Trang  Sukiyaki 4:15
Trish Thuy Trang  Rhythm Of The Rain 3:37
天地真理  さよならをするために 3:04
天地真理  トップ・オブ・ザ・ワールド 2:53   
天地真理  この世の果てまで 3:05
天地真理  ひまわりの小径 3:04
天地真理  小さな日記 3:22
天地真理  ロマンス 3:08
天地真理  この広い野原いっぱい 3:03
天地真理  誰もいない海 2:54   
天地真理  学生街の喫茶店 2:59
天地真理  花と小父さん 2:58
天地真理  いちご白書をもう一度 4:12
天地真理  なごり雪 3:27
天地真理  若草の髪飾り 2:34
ダン・フォーゲルバーグ  悲しき雨音 4:22
ジョン・ガモー  悲しき雨音 4:48
ジョニー・ティロットソン  悲しき雨音 2:35   
小柳ルミ子  夢の中へ 2:38
竹内まりや  砂に消えた涙 2:37
マナカナ  さくら・最愛 9:44
マナカナ  白いページの中に・もらい泣き 9:17
マナカナ  渡良瀬橋・fragile 8:35   
マナカナ  夢をあきらめないで 4:10
マナカナ  けんかをやめて 4:24
マナカナ  守ってあげたい 4:15
マナカナ  銀色の道 3:07
マナカナ  透明人間    3:19   
マナカナ  渚のシンドバット 3:06   
マナカナ  花嫁 3:15
マナカナ  オリビアを聴きながら・何度でも 8:47
マナカナ+大野智美  ハートのエースが出てこない 3:08
マナカナ  やさしい悪魔 3:24   
マナカナ  恋のフーガ 2:32
マナカナ  愛が止まらない 3:26
マナカナ  少年時代 3:09
マナカナ  翼をください 3:20   
トワ・エ・モア  白いブランコ 3:31

「生態観察図鑑リフィル」の綴じ手帳VER.完成。

「生態観察図鑑リフィル」は、バインダーに組み込まずに、「up to date」の綴じ手帳に1週間分位をクリップで挟んで使っている。
当日のリフィルを手前に置いて、記入後裏へ送るれば翌日分がまた手前に来るという方法で使っているのだが、最近このリフィルを綴じたらもっと使いやすくなることに気付き、早速作ってみた。最初のページに「do check monthly」をおいて、一ヶ月分16枚を一冊にして10月分が完成。いままで白だった裏は、「up to date」のフォームを組んでメモスペースにした。綴じることで、毎日裏へ送る手間が省け、バラけることもないので、仕上がりに満足している。(10月が待ち遠しい!)

Photo

Photo_2

A

B

Photo_3

現状の方法

Photo_4










2011年9月11日 (日)

シネマ映像クリップリフィル

リフィルを自作していると、どうも人の手帳が気になって仕方がない。
記入のアイデアやスタイルなどを知りたいという欲求が常にある。手帳関連の書籍や雑誌の特集などはもちろんなのだが、最近始めたのが「シネマ映像クリップ」と名付けた、映画のシーンからネタを拾うためのリフィル。小道具としての手帳や書類などやモニタの表現方法が気になり始め、画像を記録したいという思いから生まれた。気になるシーンの静止画像をデジカメでスナップし、取り込んだデータをリフィルに貼り込んでいる(これも「自炊」の一方法と勝手に考えているのだが)。液晶モニタとデジカメという組み合わせで実現できたこの方法は、VTRとCRTの時代には思いもつかなかった。難点は気になるシーンに出くわすと、ついポーズボタンを押してデジカメに手がのびてしまうのがクセになり、素直に映画を楽しめないことと、リフィルに落とし込むまでの手間が結構かかるためスナップデータが増えるばかりでリフィル作業が一向に進まないこと。

Clip_3

Clip_2