« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

YouTube de カバー曲コレクション その16

Mi-Ke  エメラルドの伝説 3:05
Mi-Ke  亜麻色の髪の乙女 2:52
テレサ・テン  あなたのすべてを 4:21
テレサ・テン  ウナ・セラ・ディ東京 2:59
テレサ・テン  もしかして PART II 4:30
テレサ・テン  よせば いいのに 3:47
テレサ・テン  愛のくらし 3:36
テレサ・テン  愛の終着駅 3:39
テレサ・テン  雨の慕情 3:20
テレサ・テン  襟裳岬 4:21
テレサ・テン  香港 4:56
テレサ・テン  手紙 3:20
テレサ・テン  心もよう 3:12
テレサ・テン  星影のワルツ 3:24
テレサ・テン  雪が降る 3:24
テレサ・テン  川の流れのように 4:56
テレサ・テン  長崎は今日も雨だった 3:35
テレサ・テン  津軽海峡冬景色 3:26   
テレサ・テン  天使の誘惑 2:29
テレサ・テン  冬の駅 4:08
テレサ・テン  東京ブルース 4:27
テレサ・テン  氷雨 3:42
テレサ・テン  別れても好きな人 5:58
テレサ・テン  別れの朝 3:43
テレサ・テン  片恋酒 4:44
テレサ・テン  北国の春 4:03
テレサ・テン  夢追い酒 3:44
テレサ・テン  旅人 4:00
山本潤子  世界に一つだけの花 4:42
山本潤子  中央フリーウェイ 3:33
山本潤子  翼をください 3:54
小椋佳  夢の途中 5:09
小椋佳  旅人よ 4:04
松田聖子+渡辺真知子  唇よ、熱く君を語れ 2:49
川村かおり  翼をください 4:30
前野曜子  別れの朝 1971 3:48
尾崎亜美  なごり雪 4:00   

2012年1月25日 (水)

久々、DYMO復活! その2

昨年11月末に久々のDYMOを手にして以来、マイブームが続いている。
その後70年代に愛用していた「DYMOちび」(あとでDYMOminiと勘違いしていたことに気付いた)を見つけて懐かしさのあまりにGETした。

Photo

当時、手帳の表紙やカセットテープの分類に重宝していた。

Photo_2

懐かしさに浸っていたのも束の間、今度はDYMOが誕生した頃の「M-5」と「M-22」(1950~60年代のモノ)を勢いで手に入れてしまった。

M5 M25a

二つとも年代物にもかかわらず、クロームメッキの全金属製は予想以上に程度が良く、堅牢でメカニカルなスタイルは、当時の「MADE IN USA」の象徴のような佇まいを醸し出している。

驚いたのは現在のテープがそのまま使えること!
型式が変わるとそれまでの消耗品が使えなくなってしまう昨今の工業製品とは違い、本体の姿かたちは変われども半世紀を超えて消耗品の完全互換を維持している姿勢に、メーカーの良心を感じないわけにはいかない。

各バージョン毎に、刻印のフィールが微妙に変化しているのも、デジタル式のこの種の製品とは違い味わいがあり、何ともいえないアナログ感がその存在を強烈に主張している。

Photo_3

そんな中、なんと印字の雰囲気を表現した2種類のFONTを見つけてしまった!
FONTなのでこんな芸当も出来てしまう!

Photo_4

復活DYMOとの付き合いは、まだ始まったばかり。
これからどこへ向かうのかが楽しみ。

2012年1月24日 (火)

ラジオドラマ収録に強力な助っ人!

普段、ラジオドラマを収録するのに「OLYMPUS/Radio Server」を使っているのだが、最近「ラジ録2 MAC版」の存在を知り、使えそうなので早速ダウンロード購入した。

Photo

ネットラジオとの連携で「かゆいところに手が届く」必要にして十分な機能は、予想以上の使い勝手の良さである。

今まで愛用していた「OLYMPUS Radio Server VJ-10 」のお悩みは、この「ラジ録2」で完全に解消された。

Photo_2

Photo_3 Photo_4

何より画面上でネットラジオの番組確認と予約設定ができる便利さ、特に特別番組などのイレギュラー編成にも、1週間の番組表を確認することにより余裕の対応ができることは、VJ-10では望むべくもなく、ラジオドラマコレクターとしては膝を打つような機能だ。
もう一つ「AMの受信状態があまり芳しくない」という悩みから、完全に解放された!
ただ一つの難点は、MACが起動していないと、たとえ予約セットしていても録り逃してしまう。(当たり前か)
こらからはVJ-10をサブとして、この難点を補完する役割を担ってもらうことになる。

2012年1月11日 (水)

生態観察図鑑2011年分の保存製本、今回は無線とじに挑戦!

いままで「生態観察図鑑」(daily control)の一年分をまとめて保存するのに、「ストッパー」を使っていたのだが、今回は「無線とじ」に挑戦してみた。
このデイリーリフィルはこのように「Bindex/2穴保存バインダー」にストックされ、年が明けた時点で一年分をまとめて一冊に綴じている。

2011dairy11 2011dairy10

WEBで予備知識を得てから、早速実践。まず板で挟んでからクランプで固定。ヤスリで切り込みを入れ、(知り得た情報では金ノコを使うのだが、手持ちの道具ではヤスリの方がやりやすかった)木工ボンドで背固め。

2011dairy07

次にホットメルトを1ミリくらいの厚さで塗る(というより盛る感じ)
塗る先からすぐに固まるので、表紙でくるんでからアイロンを当てて溶かし、たるみを直しながら調整して、固まれば完成。

2011dairy01

前回までのストッパーで綴じると、開いたときにノドの奥が見づらいという難点も解消された

Dairy_cover