« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月22日 (土)

あじさい散策2013/その3 高幡不動尊

01

02

03

04

05

06

08

09

10

11

12

13

14

15

16

18

19

21

22

23

24

25


2013年6月20日 (木)

あじさい散策2013/その2 郷土の森博物館

02

03

05

06

08

10

11

13

14

16

18

19

20

23

24

07

25

26

27

2013年6月19日 (水)

あじさい散策2013/その1 小田原城址公園

00

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

19

保存

2013年6月16日 (日)

「映画タイムテーブル」リフィルを試作

映画を単館ではしごするよりも、シネコンのほうが便利なことを知ってからだいぶ経つが、最近上映時間がかぶってしまい、はじごの計画を立てにくくなっていることが悩みのタネになってきた。
以前にはあまり考えられなかった状況が、最近特に目立って多くなっている。しかも一作品の上映時間が同じ劇場で連続してないことも、さらに予定を組み立てにくくしている。

今までは、終了時刻と開始時刻を比較してかぶらないように、観る順番を決めることは簡単だったのだが、このところその順番を組み立てるのに難儀をすることが多くなっている。

毎回時刻を書き出して、組み合わせを考えるのが面倒になり試作したのが、この「映画タイムテーブル」リフィル。
悩みを解決するためには、上映時間を見えるようにするしかないため、
●10分刻みの時間目盛り
●8時から23時までのスケール
をどのようにレイアウトするかがポイントになる。

「家計簿」リフィルをベースにするのが手っ取り早そうなので、このフォーマットに手を入れることにした。

Photo_5

で、とりあえず完成したのがこのかたち。

Photo_3

記入してみたのがこれ。

Photo_4

これだけ入り組んでいると、ここまでやっても悩ましい!

2013年6月 6日 (木)

新たなる一歩、トラベラーズノート初挑戦!

先日の「スパイラルリングノート・バイキング」で手に入れた初めての「トラベラーズノート」
どのように使うか思案していたが、方向が決まった。

最近、よく見かける食の安全に関するMOOK本が気になり、入手した一冊が「人気食品の危険度」。そして数年前に購入したがあまり真剣に読んでいなかった「食品の裏側」を読み直したりするうちに食生活を見直す意識が高まってきたので、このテーマを担ってもらうことにした。

Photo 

「気持ちが入ると形から」の性格上、まず表紙のデコレーションから。

01

テーマは「カラダは食べ物でできている」

02

中身は20ページずつ4ブロックに分けていたので、
*食に関する基本データと関連本チェック
*食生活の見直し記録
の2項目を立ててスタートさせた。

とりあえず本棚から過去の関連本を引っ張り出して見たら、その数に自分でもビックリ!気になって購入したはずなのに、あまり真剣ではなかったという証し。

04

日々の食生活のチェックは
「生態観察図鑑」でカロリーだけではなく栄養成分のバランスチェックもしているのだが、これだけでは不十分なことに気付き、食材そのものや処理の仕方なども見直す必要性を痛感した。

まず栄養の基本データの見直しをまとめ

03_2

一つ一つの食材を知り、下ごしらえの意味と大切さを知るために

05

06

このノートのお陰で、自分で調理することの楽しさを知り、食べることに向き合うことができている。

以前から、コンビニの食材や加工食品への不安は持っていたので意識して避けてはいたのだが、最近知った「安いワケ」が見えてくるにつれて、安さと引き替えに抱えるリスクに不安が募り、価格だけで食材を選ぶことをやめ、必ず裏側の成分表示をしっかり比較して購入するようになった。
不思議なことにそれまでの数十円の価格差はまったく気にならなくなり、しっかりとした物差しが出来つつある。

ひとつ悩ましいのは用紙にユポを選んだためインクが染みこまず、今まで愛用している「Style Fit」では何とも使い勝手が悪く、「HI-TECH-C COLETO」に変えてみたのだが、これもベストとは言い難い。ただボールペン系はなじめないために、当面悩ましさの解消は望めないかも。

07

「メディア・バイアス」とか「フード・ファディズム」も理解した上で、自分なりの判断で購入する姿勢が身につき始めている。

「リスクゼロ」はあり得ないことを意識し、ただ単に「安いから、おいしいから、お手軽だから」だけの食生活を改めるきっかけとするために、この「トラベラーズノート」を有効に活かしたいと思うことしきりのこの頃である。

いままでのリフィルスタイルでは、多分思いつかなかった「新たな地平」が一つ加わることになったきっかけは、「スパイラルリングノート・バイキング」に参加して、手に入れた初めての「マイ・トラベラーズノート」のお陰だった。
いままで存在が気にはなっていたものの、踏み込む気持ちは無かったジャンルに飛び込んで知った、スパイラルリングノートとサイズの存在感に一気に引き込まれてしまい、まさに記念すべき出来事になった。

2013年6月 5日 (水)

通いのノラが餌をGETするまでの一部始終

「通いのノラの餌付け」(ノラネコのナンパのバリエーション)

ある日のこと。
通い慣れた一匹のノラネコ(♀)は、網戸の向こうにいつもの餌があるのを発見!
いつもは開けてもらえるのに、今日は待ちきれず…

▼網戸に張り付いて果敢にチャレンジ!

001

▼よいしょよいしょ

002

▼やったね!あと一息。しかし…

003

▼姿勢が辛くなり、一旦引き下がり

004

▼それでも諦めきれず…

005

●再度チャレンジしたのがこちら

2013年6月 4日 (火)

まおさん講師の「手帖に描くイラスト講座」に参加

2日の日曜日にまおさんを講師に招いたはじめてのイラスト講座が、日本手帖の会の市民講座の一環として「なか区民活動センター」で開かれた。
(折しも横浜開港記念日。向かい側の横浜スタジアムでは記念バザーが開かれており、たくさんの人出で賑わっていた)

00

会場の関係からスタッフも含め、参加者は総勢16名。
まお先生の自己紹介とイラストを始めたいきさつからスタート。

03

08

09

07

用意されたテキストに沿って、道具の説明、ペンによるタッチの違いや表情の表現のコツや、まお先生が使っている手帖を手にとって見て触れたりと初心者に分かりやすい丁寧な説明に、楽しみながら勉強することができた。

10

04

05

11

12

13

仕上げは、各自の似顔絵を書きあげるという課題に挑戦。

01

201

202

203

204

205

完成したそれぞれの作品に、いろいろな評価が飛び交い大盛り上がり!

99

最後に、まお先生の活動の状況や参考になるサイトの紹介もあり、全員大満足のひとときを共有することができ、イラストを書き綴る新たな手帖ライフを胸に秘め、第二回の開催を切に希望する思いを先生に伝えて無事に終了した。

40

41_2