« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

使い勝手向上委員会 報告18 「歳時記リフィル」も見開き化でver.5.0へ

いままでシングルで使っていた「歳時記リフィル」も見開きにすれば、記入量を増やせるのでイイかもと、こちらも9月分の見開きを作成。ver.5.0へup。

▼ver.4.6(ウラ白)

Ver46

▼ver.5.0オモテ

Photo_2

▼ver.5.0ウラ

Photo_3

Photo_4



使い勝手向上委員会 報告17 「do check monthly」見開き化でver.8.0へ

半年前に「monthly record」(二つ折)を見開きに変更したことで使い勝手がよくなり、快適に運用しているのだが、最近、他の二つ折リフィルが気になり見直したところ、「do check monthly」もこの方法を使えば記入しやすくなると閃き早速9月分でこの方法を試してみることにした。裏面は「monthly record」のウラを流用した。

▼ver.7.1オモテ(ウラは白)

Do_chk_71

左側の綴じ代をセンターにするための余白を確保し、ウラへ折り込まれる右ページの幅を85から95ミリへ戻した。
また左ページの小口側ににあったタブは右ページの小口側に移動してイメージスケッチは廃止。

一連の作業は画面上で調整し完結できるので、版下を手直していた頃とは比較にならないほど簡単で、試行錯誤も格段にやりやすくなり、発想の障害になるモノはない。
自分のライフスタイルに沿わせたオンリーワン・リフィルを常に自作し、ブラッシュアップするという方法。
最後の定規とカッターを別にすると、作業ツールは全てデジタルなのだが、最後はプリントアウトしたリフィルにアナログで記入する。きっちり作り込みルーズに書き込む。この小気味よさがたまらない!
この方法が、現状ベストな選択である。

▼ver.8.0オモテ

Do_chk

▼ver.8.0ウラ

Photo

ここには、アンテナに引っ掛かった情報やキーワードをメモしておく。

▼綴じるとこんな感じ。

Do_chk_2





通いノラの餌付け日記

去る6月5日に網戸を開けるテクをマスターした(http://refillmania.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/get-758f.html)、我が家の馴染みのノラは、家主が不在の時も夜中も、勝手気ままに夜討ち朝駆けを繰り返し食事をするだけで、網戸を閉めて帰ることもなく(当たり前!)顔を合わせない日も少なくない。

01

03_3

小さな物音にもピクッと反応して、ご機嫌が悪いと食事もそこそこに出て行ってしまい戻らないことも多い。

04

05

07

しかし今朝起きてみると、おぉーなんと板の間にくつろいで待機している!
(最近はお食事のアト気が向けば板の間に寝そべって、しばしくつろいぎ涼んでお帰りになることもあったのだが…)
これは初めての出来事!

A

おなかすいて機嫌悪そう!

B

彼女の後ろにあるカリカリをとるには、この子に近寄る必要があるので、当然一時網戸の外へ退散してしまい、1メートル以上離れるとやっとお食事をしに戻るのである。

C

実はこの子の鳴き声をまだ一度も耳にしていない。もともと声が出ないのか、まだそこまで親しくされていないのかは定かではないのだが、「むくち」と名付けた。

06

02

2013年8月 9日 (金)

CINE-LOG手帳の内容を刷新して再スタート

今まで映画に関するリフィルは、鑑賞予定リストと鑑賞リストを記録した「CINE-LOG」、はしごをする時の順序確認用の「タイムテーブル」、映画館の「座席表」の3種類。

▼「CINE-LOG」リフィル

Photo

▼「TIME TABLE」リフィル

Photo_2

▼「座席表」リフィル

Photo_3

チケットの半券やプログラム、チラシなどは別個に保管していたため、連携性はあまりなかったのが実情だった。

これらの記録を「CINE-LOG」というリング手帳にまとめることで、リフィルではできなかった思いを形にすることができた…ような気がする。
これは、「トラベラーズ・ノート」に食生活の記録をまとめるようになったことと、読みたい本の表紙画像をEvernoteで管理する便利さを知ったことで、単なる文字情報リストよりも、画像や絵をを使ったビジュアルリストは圧倒的な情報量を持っているために、ひと目で分かる便利さは格別なのだが、何よりも見て楽しい!(これは継続できるか否かの重要な要素)

Setup

Evernote

使用しているリング手帳は、「Style-zero」さんから譲っていただいた自作手帳。
160×160mmのWリングで、見開き一週間のバーチカル式。なんと全て「ワード」で作られている!

表紙にはお気に入りの夜景にタイトルを入れ、写真用紙に印刷したモノを貼ってみた。
扉にはリフィル版CINE-LOGを置き、時々入力したあとの最新版と差し替えるつもり。

Cinelog01

Cinelog02

基本は、映画を観た日にチケット半券やレシートなどの現物、関連モノのビジュアル情報をスクラップ。

Cinelog04

Cinelog05

月初めには、気になる作品のチラシを公開日の日付ごとにまとめてチェック。
チラシだけで作品は分かるのでタイトルは入れずに、興味の度合いと観た時の日付と劇場名を記入できる項目を作った。

Cinelog06

Photo_4

後半のメモページに、主な映画館の座席表(リフィル版のデータをアレンジ)を一ページ毎にまとめてみた。

Cinelog07

Cinelog08

「トラベラーズ・ノート」に続き、システム手帳以外の第二弾として定着するかも。