« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

「日本手帖の会」による「マークスオフ会」に参加!

「日本手帖の会」による手帳メーカーへの表敬訪問を兼ねた初の「マークスオフ会」に参加した。

昨年の「第一回手帳100冊総選挙」で見事第一位に輝いたマークスの「EDiT」。
実は、当日選挙会場にお越しいただいた高城会長との出会いが縁でおつきあいが始まり、一般ユーザーという立場からは夢のまた夢でもあった、今回のオフ会開催が実現した。

当日参加したメンバー11名に一般公募6名を加えた17名を迎えていただいたのは、高城会長をはじめ第一線の現場で活躍されている開発チーム11名の方々。総勢28名というオフ会としては近年まれに見る人数となった。

まず、高城会長から会社創設当時の経緯やその後のご苦労話、『クールなステーショナリーで世界に"快適"をもたらす』という理念のもとでの事業展開のいきさつや会長ご自身の手帳ライフをうかがったあとは、全員がずっと気になっていた核心に触れる質問にも快くお答えくださり、胸のつかえが下りた思いで、お会いすることさえ難しいなか貴重な時間を割いていただき感謝の念に堪えません。

Marks04

Marks05

その後は、メンバーの現状の手帳ライフを含めた自己紹介。そして普段では聴くことの出来ない開発の苦労や裏話など貴重な開発現場の声をうかがった。

Marks13

最後に、マークスダイアリー2014年版のお披露目を兼ねて、参加メンバーによる人気投票!

Marks14

Marks15

果たしてその結果は

#1 ノートブックカレンダー・マグネット

1m

#2 ノートブックカレンダー S

2s

#3 A6変型 マンスリータイプ ボンボン

3cmf

#4 B6スリム・ウィークリー・レフト シャルロット

4

#4 B7 DAILY スプール カナリアイエロー  (同率#4)

4_2

このようなランキングとなった。
一位と二位は期せずしてノートブックカレンダータイプ!
このタイプは息の長い人気商品で、マグネットタイプは新作。カバーを裏返すと卓上カレンダーとしても使える!

そしてサプライズのお土産プレゼント!
新たに登場したA5サイズの「スプール/ミッドナイトブラック」をGETできた\(^O^)/

Photo

午後2時から5時までのたっぷり3時間。
これ以上は望めないほど中身の濃い、充実した時間を過ごすことができ
とても実り多い秋の記念すべき一日となった。

2013年9月26日 (木)

「第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!」 開催決定!

「日本手帖の会」が、去年初めて開催した「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」は、多分「我が国初、いや世界初、いやいや小宇宙初ーぅ!」の言い回しが決して大袈裟ではないイベントだった。

100冊の手帳に普段使っている自分の筆記具で直接書き込んで、書き味やウラ抜けなどの相性を確かめることができるという、今まで望んでも出来なかった画期的な試みで、同時に参加者の投票により人気ランキングも発表した。

01

02

03

04

因みに去年の上位10冊は

1 EDIT マークス
2 ダイスキン(モレスキン風手帳)  大創産業
3 スライド手帳 あたぼう
4 キャンパスダイアリー コクヨS&T
5 ほぼ日手帳 オリジナル 東京糸井重里事務所
6 ジブン手帳 コクヨS&T
7 ツインスケジュール 学研
8 y-Pad3 朝日新聞出版
9 赤い手帳 日本ビジネスプラン/味の素
10  T’フリーダイアリー(余白手帳)  高橋書店

という結果だった。

そして、今年はなんと東急ハンズ銀座店とのコラボが実現!
来る10月12日(土)〜13日(月)の3日間、銀座ハンズ7階イベントスペースで開催することになった。
すでに来年の手帳シーズンに突入し、お悩みの方も多いと思うが、もしまだ決めかねていたら是非このイベントで手にとって書き比べてみるというのも、おすすめ!

Photo

しかも今年は、関西でも初の開催が決まった。
11月30日(土)と12月1日(日)の2日間、場所は「NAGASAWA・神戸煉瓦倉庫店」
是非関西でも!という熱いリクエストがついに実現。お楽しみに!

詳細は→こちら

さてさて今年は…どうなりますか?

2013年9月21日 (土)

世代交代進んでます。その10 リフィル用紙に新たな地平

「生態観察図鑑」のリフィル用紙は、「シフォンクリーム」という書籍用紙を一年半近く使っている。クリーム色の感じは良いのだが書籍用紙のため、ペンの走らせ方で滲みが出ることがあるものの概ね気に入ってるのだが、最近ノーブルの「シェプフェル」というB5ノート(無地)に出会った。用紙にかなりのこだわりがあることも明記されていたので、期待を持って一冊購入。使われているのは、「Lライティングクリームペーパー」という新開発の用紙であることも判った。

01

02

03

B5サイズだとぎりぎりなのでシングルトンボに変え、糸かがりをほぐし早速試してみることにした

07

(ダブルトンボだと収まらないので、シングルに変更)

09

(B5にプリントした状態。トンボがぎりぎり)

シフォンクリームと比べてみると、インクののりも問題なし。コシがありペンの滑りも滑らかで滲みもほとんどない。

08

(奥が従来の「シフォンクリーム」、手前が「Lライティングクリームペーパー」)

しかし、製品のノートをばらすのは忍びないのでノーブル製品を探すと、A4レポート用紙(無地)にたどり着いた。

04

ノートとは色合いが微妙に違うようだが、紙質と書き味は同じなので、これを使うことに決定。

05_2

(左から、シフォンクリーム、A4レポート用紙、B5ノート。クリーム色でも微妙に違いがある)

ペーパーとしての素材だけに目が向きがちだったが、少しだけ視点をずらすことで見つかった新たなる地平。やっと落ち着く場所が決まり、日々のライフログ作業も一段ステップアップした感じである。

06

2013年9月18日 (水)

世代交代進んでます。その9 小銭入れ

いま使っている小銭入れは、ワゴンセールで入手したモノで、大きく開くポケットが使いやすそうだったのと、現品限りのセール価格に引かれたためで、色は選びようがなかった。

A

B

それなりに気に入っていたので使い続けているが、難点はカードが増えてくると探すのに結構手間取るため、折ある毎にショップを覗いたりして、これを超える機能がないもの探しているのが現状だった。

先日のハンズ銀座での「手帳コンシェルジュ」に参加したときに、ワゴンセールで手にした「ノックスブレインのミニ6穴システム手帳」。ダークグリーンの色合いと丁寧な作りに加えて小銭入れに使えそうなジッパー付きのポケットに惹かれてしまった。

01

02

03

ミニ6穴の棚を眺めてみると、8ポケットカードホルダーやシールド・ホルダーなどを発見したため、即購入!
普通ではあり得ないセール価格も大きな動機になった。

クリアポケットや無地リフィルも追加して、イメージした小銭入れが完成!

06

07

09

こうして小銭入れの世代交代が完了した。

08

まさかのミニ6穴が、生活の中にこのような形で加わるとは…

2013年9月17日 (火)

世代交代進んでます。その8 ブックカバー

文庫用のブックカバーは、ブックオフ特製を数年前に景品としてGETし、使い続けている。

Bc01

Bc02

Bc03

最近、見つけたミシュランのトラベルポーチに一目惚れ!

Bc04

Bc05

ブックカバーにもなるので早速手持ちの文庫で試したら、450pは少々窮屈だったが、ムリすれば何とか収納できたので悩んだ末に購入。

Bc06_2

Bc07

内ポケットにはメモを入れ外側にはペンも挿せるので、単なるカバーに機能がプラスされて使い勝手は向上し手いるのだが、無視できない重さと嵩が増したことで携行方法に工夫が必要となり、カラビナを介してベルトにぶら下げる方法にたどり着いた。

Bc08

Bc09

今までとはまるっきり違う携帯方法に、戸惑いもあるのだが、お気に入りなので慣れていきたい。

 

2013年9月 9日 (月)

使い勝手向上委員会 報告19 システム手帳のアクセス向上にチャレンジ

長財布を改造したバインダーのリング径は10ミリなので、かなりリフィルは厳選せざるを得ないのだが、それでも約50枚位を綴じているので、普段の使い勝手で気になっていたアクセス向上の方法を考えた。

01

02

現状のリフィル構成は、

6-month カレンダー:2枚 / 年間カレンダー三つ折(半年ずつ両面):1枚 / 歳時記見開き2ページ:1枚 / 月間予定表見開き2ページ:1枚 / side カレンダー:1枚 / 栄養成分チャート見開き2ページ:1枚 / 生態観察図鑑(デイリー・コントロール):10日分 / 月間レコード見開き2ページ:1枚 / 診療記録:3枚(詳細メモ2枚と数値データチャート1枚) / 年間記録三つ折:1枚 / 購入予定本リスト:2枚 / 購入本リスト:2枚 / 映画鑑賞記録二つ折袋とじ(鑑賞リストと見たい作品のタイムテーブル):1枚 / 年齢早見表:1枚

リフィル以外では、検索用の仕切りタブと下敷き、付箋紙ホルダー、名刺ホルダーという構成。

04b

開くと、まず付箋紙を収納。財布だったのでカバー部分の収納は抜群!

その次から、「6-month カレンダー」

001

「年間カレンダー三つ折」(左)

002

展開すると、半年ずつの両面印刷

003

左下のタブは、「栄養成分チャート」専用タブ。最近項目を追加した見開き2ページVER。(これもタブ一体でカットし、マステで目立たせた)

食事の記録をとる際、参照するときには人差し指ですぐにアクセスできる。

07

08



10

その上のタブは「歳時記リフィル」用。これも見開き2ページの ver.5.0。
こちらは小口に月表示のインデックスがあるので、コクヨの「DOTLINER LABELmemo」に、別に作った柄を糊付けした。これも人差し指ですぐにアクセスできる。

11

12

そして、ほぼ中央あたりにメインの「生態観察図鑑」が10日分。
先の7日分と過去の3日分を、TODAYタブで仕切っている。

05_2

06b

当日アクセス用タブは、7月に20歳で他界したKuuちゃんのメモリアルphを配し、検索タブを一体化して写真用紙に印刷、PPフィルムで補強してある。
この仕切りを挟んで左側が当日のメモページ、右側に予定と行動記録ページがある。

06c

次に「月間レコード」見開き2ページver.7.0。付箋に同様の処理をして、TODAYタブとかぶらないように配置。

16

17

15

このように親指をかけることで、一秒アクセス!(デジタルには真似のできないアナログ技!)

そして、診察記録のメモ、「数値データチャート」とMEDICALタグ。

19

20

これは「年間記録三つ折」。主なGOODSの購入LOG。毎年の購入記録を追記することで、保証期間のチェックや使用年数などが何年にも渡って一覧できる。

22

21

「購入本の予定リスト」と「BOOK購入記録」とタブ。

23

24

25

26

購入予定本は表紙画像を含めたデータを、Evernoteでも管理するようになり、併用している。

Evernote

最後は、映画鑑賞記録(オモテ)と鑑賞予定作品の劇場・タイムテーブル(ウラ)を二つ折袋とじで。

005

006

右側は、毎年改訂している年齢早見表。これは主に購入記録に記入する際の年号確認用に使用している。

最近は、リングノートで「CINE-LOG」を立ち上げ鑑賞記録をつけるようになった。

Cinelog01

Cinelog05

タブを一体化したり付箋を利用することで、位置を自由に変えたり、枚数を減らすことができスリム化にも役だっている。
この方法で不具合を洗い出しながら微調整をしているが、今のところ満足している。

このように検索やアクセスの方法を工夫すると、ストレスの軽減に役立つ。

普段使っている中で気になった小さな不具合を解決することが、「快適リフィル生活」ひいては「バイブルサイズの小宇宙」を漂流するために欠かせない。