« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

新作「MONO-LOG Pocket」 ver.1.0完成

購入GOODSの記録用として今まで「MONO-LOG」リフィルを使っていたが、商品TAGやレシートなど関連資料をすべてを一つにまとめるために、現物をスクラップするにはペラのリフィルでは限界があった。

解決する方法をいろいろ考えていたが、「in-pocket type B」に「MONO-LOG」を合体させることに思い至り、やっとこの限界をこえることができた。

名付けて「MONO-LOG Pocket」

▼「MONO-LOG Pocket」オモテ

Monolog_pk

▼「MONO-LOG Pocket」ウラ

Monolog_pk_2

グッズの種類で用紙を色分けすると、ジャンル別に分類することができる。

▼カットしたオモテ面

5

▼カットしたウラ面

5_2

▼「MONO-LOG Pocket」完成形

5_3

これでGOODS LOGと関連資料をひとまとめにして管理することができるようになった。

01

02

GOODSの履歴を管理するための方法が、この「MONO-LOG Pocket」リフィルに進化したことで、気持ちの居場所がやっと定まった感じがしている。

2013年10月30日 (水)

使い勝手向上委員会 報告20 「cine-timer ver.2.0」

映画のタイムテーブルをチェックするために試作した「映画タイムテーブル」リフィルはかなり役立っているが、使い込むうちに不便な部分が見えてきたのでVER.UPすることにし、名称も「cine-timer」に変更した。

Ver10

Photo

32行もあるのに目盛りが上にしかないので、確認のための視線移動が大きすぎて不便だったため、記入する場所で時間が簡単に分かるように工夫した。

Photo_2

20

このように変更した結果、時間を確認する視線移動を小さくすることができるので、記入時のストレスを大幅に軽くすることができる。

2013年10月29日 (火)

来年の準備 その3 「yearly calendar」ver.3.0

一年の記録を新たなスタイルで記入する、三つ折り「yearly calendar」は使い勝手に満足しているので来年も継続して使い続ける予定だが、不具合も出てきたので改訂することにした。

当初はあまり気にしなかったが使い始めて気になり出した、折り部分と月の境界のズレ。
ページにより面積が異なるので、行数が同じにはならないが、問題にはならない。
3ヶ月分の行数をウラオモテで調整する手間はかかるが、気になる箇所を納得できるまで作り込めるのは自作ならではなので、苦にならない。
カレンダーの玉は、「6 month calendar」や「side calendar」と同じ規格にしてあるので、コピーすれば簡単に変更できる。

Photo

▼今年のリフィルのオモテとウラ

2013

2013_2

2013_3

▼来年のリフィルのオモテとウラ

2014

2014_2

2014_3

このリフィルは今年途中からスタートしたばかりだが、過去の出来事の検索にこの一覧性は重宝しているので、記録方法の一つとしてお気に入りの一枚になっている。

2013年10月22日 (火)

来年の準備 その2 「TV Check」

三つ折りブロックカレンダーを「TV Check」として使っているが、この番組の録画予約チェックシートは、自作リフィルを作り始めた1988年に、原型がスタートしている最古参リフィルの一枚。

Ver1

Photo

現在は改訂版なのでVERは連続していないが、来年で26年を迎えることになる。

基本的に録画予約の備忘メモで、EPGの1週間を超えた先の番組をチェックするために不可欠な役割を担っている。

Tv_chk13

見たい番組、気になる番組を該当日にチャンネル・時刻・番組名を記入して、録画予約をセットしたらマーカーで塗りつぶし予約漏れを防ぐのに重宝しているのだが、最近新たなチェック項目の必要を感じ、来年は新VERでスタートすることにした。

見た番組は「生態観察図鑑」の該当欄に記録しているが、録画した番組全てを見るだけの時間がとれないことも多く、HD容量の関係もあり見ないまま消去する番組もあるが、今まではそのチェックが出来ていなかった。
その確認や内容(つまり見ないまま消去したり、飛ばし見をしたり途中でやめたり、かぶって予約できなかったり)を記録するためのチェック欄を追加することにした。

V13

▲枠の右側に新たに追加したチェック欄

ここにチェックを入れることで、ほぼ満足できるLOGがとれる。

Photo_2

▲チェックする項目の表示方法

このシートはマグクリップにはさんでデスクサイドに置き、いつでもすぐに記入できる。

Photo_3

完了したシートは本来三つ折りリフィルだが、折らずに保存できるように自作の保存バインダーに綴じている。

Photo_4

Photo_5

2013年10月21日 (月)

来年の準備 その1 「Side Calendar」

メディアやイベントなど目白押しの手帳の話題に触発されて、いつもとは違って来年の準備を早々とスタート挿せることにした。

まずは、「Side Calendar」から。
いままで折り込んだフラップには、両面に一年分のカレンダーブロックを配していたが、来年は裏側を翌年つまり2015年のカレンダーに変更して、2年分を表示することにした。

Side_cal

▲side calendar 2014 おもて

Side_cal_2

▲side calendar 2014 うら

カレンダー上部の色帯は、年を表しているため
2014年は、からし色(C10M25Y100)
2015年は、ふじ色(C25M45)
に決定。

年の色を決めていろいろなリフィルの各部分で使うことにより、ひと目で年が分かる。
ふじ色の帯は、裁ち切りより1.5ミリ外側に拡げている。これは裏面を印刷したときに生ずるズレを吸収するための予備シロで、白が出てしまうのを防いでいる。(3ミリにしないのは、単にインクの節約)

 

2013年10月12日 (土)

いよいよ今日から!「第二回・手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」スタート!

いよいよ東急ハンズ銀座店で待ちに待った「第二回・手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」が、今日からスタートする。

昨年、日本手帖の会が初めて開催した「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」は、無事に第二回を迎えることが出来た。

今年のスタートは今日から14日までの3日間、何と東急ハンズ銀座店との共同開催となった!

Ginzahands

昨年、公共施設を借りて始まったこのイベントも、今年は銀座へ進出という大躍進!
何しろ実物の手帳に自分のペンで直接書き込んで確かめ比較できるのは、「日本手帖の会」のイベントだけ!(多分)(^-^)
しかも綺麗どころ、モトイ 気になる話題の手帳が100冊も顔をそろえて一同に集結する。
こんなチャンスはめったに転がってはいないことだけは、自信を持って大声で云える。
年一回の「今でしょ!」に、ぜひご来場を!

詳細は、ハンズ告知ページ

さてさて今年はどんな方たちと、新たにお会いできるか?
楽しみ!楽しみ!
会場でぜひお会いしましょう!

2013年10月 9日 (水)

世代交代進んでます。その11 「iPhone 5」と「PureGear/PX360 Weatherproof」

現状のiPhone4S用の「PureGear/PX360」プロテクションケースにゾッコンなので、前回の「5」や今回の「5S」にも関心は薄かった。

Px00

S/Bからの乗り換え勧誘をうけて料金シミュレーションを試したときも、月額で大幅アップ!費用対欲求でみても特に魅力は感じなかった。
最近JCOM加入者向けに「auスマートバリュー」というプランの案内があり、ケーブルTVとauスマホのセットで月額料金コストが抑えられる可能性が見えてきた。
しかもキャッシュバックを受けると、S/Bの解約金+4Sの残債を上回ることが判明!
周辺情報を探ると、つながりやすさの比較のトリックやCMで「プラチナバンド」と云わなくなったワケなどを知るにつれ、S/Bに固執する理由は一気に崩れ去った。
思えば、東京デジタルフォン時代からTEL.No.を一度も変えることなく、使い続けてきた携帯とスマホだったが、ついにキャリア変更を決意するに至った。
結果、長い間使い続けたユーザーへのメリットやロイヤリティが「無いに等しい」扱いに見切りをつけたことにもなる。
そして、最後の一押しとなったのは「PureGear/PX360」が生活防水仕様に進化していたこと!
すべての迷いは解消され、一気に世代交代が進んだ。
iOS-7には抵抗があったので、この時期にあえて「5/16GB」を選択した。(キャッシュバックが最大だったことも一つの理由ではある)

もちろん「PureGear/PX360」プロテクションケースも期待に違わず、無事“ゾッコン”を引き継ぐことができた。

Px01

Px02

Px03

Px04

Px05

Px06






新作「side-weekly」リフィル完成!

デイリーページから1週間を見渡すという方法は便利に使えるかも知れないという思いから、「Today'sタブ」と「side-calendar」を組み合わせるという具体的なアイデアがひらめき、早速試作してみることにした。
「weeklyカレンダー」は、今まで卓上用として使う発想しかなかったため、バインダーに綴じて携行することはなかった。

Weekly
▲最近はあまり使わなくなった「weekly」リフィル

Refill_holder02
▲このように卓上用として使っていた

最近試作した「Today'sタブ」で、手帳を開くモチベーションが上がったため、このタブリフィルに機能を追加するともっと便利に使えるのでは?という思いは漠然と意識するようになっていたので、「side-calendar」と合体させるアイデアは素直に納得できた。

02
▲Today'sタブ

Side_cal01_2
▲side-calendar

「Today'sタブ」の右側に「side-calendar」と同じ張り出し部分を追加して、ここに1週間のバーチカルを組み込むことで、いつもスケジュールをチェックすることができるようになる。

Sideweekly01

Setup01

張り出し部分を折りたたんだ裏側は、TO DOの詳細や備忘メモなどの付箋スペースに使える。

Setup02

毎週日付を差し替える手間は増えるが画像も毎週変えることで、選ぶ楽しみが増えてさらにモチベーションもUPすることは間違いない!

Sideweekly02

Setup03

2013年10月 3日 (木)

Fitbit One導入により睡眠LOGスタート。LifeLogリフィルをVER.UP

睡眠計機能に惹かれて使い始めた「Fitbit One」
睡眠時間と質のログはいままであまり意識していなかった領域で、何より便利なのは睡眠時間の追加記録で積算できること。
つまり細切れの睡眠をちゃんと入力すれば、その日の合計睡眠時間が算出する機能がある。

001

002

今まで睡眠時間は「生態観察図鑑」でも記録していたのだが、細切れの睡眠時間を毎日計算して合計するのはさすがにしんどく、チャレンジしてみたが続かなかった。
その手間が何とも簡単にできることが分かって、この記録をログとして残したいという思いが募り、検討の結果「生態観察図鑑」と「do check monthly」に記入するスペースと表現方法を考えた。

小口グラフの下部の気温をプロットする目盛りは作業が面倒で滞りがちだったため、ここを睡眠時間の目盛りに差し替えることにした。こうすると日々の合計睡眠時間の変化が視覚化できる。

246247

試しに、9時間をMAXに20分刻みでスタート。

Photo

Photo_2

「do check monthly」の日出没時刻と昼時間の表示も、月末に翌月のデータをグラフ化する作業が次第に辛くなり始めていたので、これを廃止してこのスペースに睡眠時間のグラフを入れることにして9.0へVER.UPした。

Do_chk

 

「Today's タブ」デザイン更新でモチベーションUP!

当日ページを一秒で起動する「Today's タブ」
起動すると目に入る「起動画面」はいつも同じなので、気分を変えるために更新することにした。

昨日までは、Kuuちゃん追悼のメモリアルPhotoだったが、

01

今日からは

02

03

使い勝手を上げるためにカレンダーを追加し、アクセス性を上げるために下側だけだったタブをコーナーを回り込むように右側に拡張させてみた。
気分転換で定期的に絵柄を差し替えることで、手帳を開くモチベーションも上がるようだ。