« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月

2014年5月24日 (土)

『旅屋』さんとの初コラボ「手帳オフ」報告

昨夜、中野の『旅屋』さんとのコラボで手帳オフが実現!
初参加4名を含め総勢10名という時間も人数もミニマムな集まりだったが、濃密な時間を全員であっという間に駆け抜けた、希に見るオフ会となった。

以下スナップで雰囲気の一部をご紹介。

01

02

▼80年代を彷彿とさせるこのボリュームが健在!

03

▼何と弁当箱をペンケースに!
「文房具にこだわらず、まわりを眺めると意外に使えるモノが… 」とご本人の弁。

04

▼ウラがクリップになっているスマホケース。目からウロコの発想!
胸ポケットからの脱落防止や、メモを挟んでジョッターにも。

04b

▼「リヒトラブ」をベースに、「ユナイテッドビーズ」+「エトランジェコスタリカ」+「コクヨ」を合体。表紙に『紙匠雑貨エモジ』さん特注カバーを装備してWリングノートをシステム手帳化!

05

06

21

▼おなじみ綴じノートと革カバー丸ごと自作派!
何とこれも完成形ではなく、ライフスタイルに合わせて日々進化を続けているとのこと。最近はBAGにも進出!いつかどこかでワークショップを是非!

10

▼ご存じ、すぅさんの最新作!
書くことが溢れすぎてページは日々増殖を繰り返し、収拾がつかない事態に陥っている現状を悲鳴混じりに告白(^^)

07

08

09

告知案内も作っていただいた。感謝 m(__)m

22

▼能率手帳20年分と10年手帳3冊!学生時代からの友の記録。半世紀近い付き合いで初めて知ったこの実態!
かねてからの参加オファーが今回やっと実現。
ようこそ!
皆さんが仲間入りを歓迎してくれた。

11

12

14

15

▼JMAMさまからツイートを戴いた!

16

▼これが今回の出し物一覧。
クルマログ用2冊、イベントログに加えて
新たに加わったプラモログとぷんぷく堂さんオリジナル文具「リング便箋」を使った
「映画の中のノートウォッチ」
自作ならではの醍醐味!
No Refill、No Life!
で快適リフィル生活を驀進中!

17

19

18

20

今回は初のコラボということもあり、今までと違った雰囲気でそれぞれが充分に堪能することができた。

「日本手帖の会」は今年も盛りだくさんの出し物で、あなたとの絆を深めていきたい!と心より願っています。

2014年5月10日 (土)

その後の全開リハビリ生活報告 「プラモLOGリフィル」

3月に6機をイッキ買いしたリハビリ生活から2ヶ月が経過した、それからの経過リポート第一弾。
在庫はなんと29機に増殖、膝辺りの沼は既に首までドップリとなってしまっている。

Numa01

Numa02

そしてついに記念すべき復帰第一作の完成!

Numa03

そして迷うことなく製作ログリフィルの必要性を感じ、「idea-board square tri 2.0」を取りあえず流用。

Numa04

単なる記録画像では面白みがないので、次回の参考になりうる覚書の役割を持たせて、オリジナルリフィルを試作したのが「PRODUCT-LOG ver.1.0」、ディテールに修正を加えてver.2.0に。

Numa05

Numa06

Numa07

ver.2.0には、製作通しNo.、機種名、部隊名、完成画像、追加加工・変更点、製作期間、自己評価を設定した。
製作期間表示を右の小口インデックスの脇に設置し、購入時期と製作期間がひと目で確認できるようになる。
(位置が月、色が年を表すのは他のリフィルと共通)これは今までの発想にはなかった。
完成画像記録に加え、修正や加工した部分・問題点や対処方法などのLOGを残すことで、次へのSTEP-UPの覚書としての役割を持たせることにした。単なる結果の集積では無くノウハウを蓄積することで、より満足できる作品を目指す有用データとなり得る。

数十年ぶりの達成感にひたる間もなく二機目も完成。
集中作業で2週間で完成させることができた!
『作ってなんぼ』のこの沼、箱を積んどくだけにはしないという決意で臨んだリスタートは取りあえず無事にテイクオフ完了。

Numa08

Numa09

Numa10

「プラモLOGリフィル」に「PRODUCT-LOGリフィル」を追加するのに加えて、模型SHOP情報や塗料データをEvernoteに置いていつでもチェックできるようにした。

Numa11

Numa12

ネットで様々な情報を簡単に手に入れることが出来る環境は隔世の感が強く、
地球規模で同好の人々の作例やノウハウを見るたびに、沼の広さと深さを信じられない思いで眺めることが出来る幸せ!
この思いを発信できることの喜びも含めて。

今回お世話になったツール類の数々。

Numa15

Numa14

Numa16

Numa17

一般的には文房具のマーカーなどは専用ツールになっていたり、ネールアート用ツールが結構使えたり、容器などはキッチングッズが流用できたりと百均ショップを丹念に探すと役立つモノがリーズナブルに手に入れることができた。

今回手がけたこの二機は1950年代のイギリス海軍機でスケールは1/72、特にこの機体を選んだこだわりもあるのだが残念ながらまわりに語り合える同好の士がいない。この熱い思いをを受け止めてくれたのは出向いた模型屋のオヤジさんだけだった。

Numa13

どの位続けられるか先は見えないが、二度と体験しないと思っていた夢中になれるこの沼に戻ることができた喜びを味わっている。

手先の不安や目の老化は否めないが、このワクワク感はきっとボケを遅らせる役に立つことを信じて、興味が途切れない限りは走り続けていたい。

2014年5月 3日 (土)

ぶらり春旅その6/番外編・筑波サーキット

友人に誘われて筑波サーキットで開催された『ジャパン・ミニデイ』を訪れた。今回はミニのイベントのため、桜の代わりに気になったクルマを撮りまくった。

Mini01

Mini03

Mini12

Mini13

Mini02

Mini04

Mini05

Mini06

Mini07

Mini08

Mini09

Mini11a

Mini11b

Mini11c

Mini11d

Mini14

Mini15a_2

Mini15b

Mini15c

Mini16

▼これは移動LOGがとれる『Moves』の移動記録。

滞在した時間や区間の移動時間、距離が詳細に記録されるため
あとでルートの確認が取れるので重宝しているアプリの一つ。

Mini17

Mini18

Mini20