« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

いよいよ総選挙フィナーレ!! 結果発表&表彰式!


『第三回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!』は、全ての日程を無事終了しました。
さあいよいよ来週12月1日(月)“手帳の日”に、お台場•東京カルチャーカルチャーで、総合順位発表・表彰式を行います。

Photo

Photo_2

当日は歴戦の100冊が勢揃い!

参加できず残念な思いのあなたはもちろん
投票に参加してくれたあなたも、
最後の試し書きができます。

また総合順位の予想投票による
豪華プレゼント(当日限定のお宝があるかも…)もたっぷり用意しました。

手帳好きによる手帳好きのための手帳イベントのフィナーレ!

ちょっと早めの忘年会も兼ねて一緒に盛り上がりましょう!

詳細はこちらで→Facebookページ

Photo_3

Photo_4


前売りチケットはこちらで→e+イープラス

ウィークデイなので、予定がわからなくても大丈夫!
当日券(2600円ですが)もありますし、トークショーは21時頃までたっぷりやってますので、仕事終えてからでも構いませんので、馳せ参じてください!
 

Photo_5







2014年11月23日 (日)

さあ戦いの夜が明ける。いざ横浜へ!

おのおの方!戦いの夜が明ける。
くれぐれも筆記具の準備怠りなく、横浜の陣に参集されたい!

Photo

Photo_2

Map

手帳の勢力図が、本決戦の勝敗如何で決することをお忘れなきよう!
心して戦いに挑まれんことを所望する次第也!

戦いの火蓋は、両日とも“ヒトマルサンマル”に切って落とされる!

いざ、横浜関内へ!
いざ、なか区民活動センターへ!

おのおの方決戦場で会おう!


2014年11月19日 (水)

いよいよ最終決戦!23、24日横浜へいざ出陣!

『第三回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!』はいよいよ最終決戦に!

Photo

Photo_2

横浜市なか区民活動センター

Map


11/23(日) 10:30~18:00
11/24(月) 10:30~17:00

フェースブックページ

過去の結果がどうであれ、すべては参戦者の思わく一つでここで決まる。

おのおの方、決して油断無きよう!

関西に遅れをとられぬよう、くれぐれも怠りなく

多数の出陣を期待するのであります。

そこんところ よろしく!

2014年11月13日 (木)

『手帳100冊!書き比べ総選挙!!』結果速報!

『手帳100冊!書き比べ総選挙!!』神戸・秋の陣/大阪・冬の陣も無事に終了!
両決戦とも、参戦者それぞれが遺憾なくその力を発揮して結果を残してくれた。

Photo

神戸・秋の陣

01

02

03

大阪・冬の陣

01_2

02_2

03_2

各決戦場での結果は?

Photo_2

Photo_4

因みに東京初戦の結果は

Photo_5


そしていよいよ、最終決戦は横浜へ!

Photo_6

東京戦に参戦できなかった各々がた、最後の機会を逃さぬようくれぐれも準備のほど、怠りなきよう!
多数の参戦を期待する次第。

そして来る12.1(月)お台場・東京カルチャーカルチャーで
「第三回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!」の結果発表&表彰式を開催決定!

果たして今年はどの手帳が栄冠を勝ち取るのか?
昨年の覇者「スライド手帳」の連覇はあるのか?
近年の手帳界をリードするビッグ3「ほぼ日、EDiT、ジブン手帳」が巻き返すのか?
巨大メーカー、能率・高橋は意地を見せられるか?
ブラウニーに続く、新たなニューウェーブは出現するのか?
すべては12月1日・手帳の日にお台場で明らかになります…
2015年の手帳、発表前に買うか、発表後に買うかはあなた次第!

Photo_7

チケットはこちらから

会場は定員制のため、お早めに


2014年11月 4日 (火)

久しぶりの鎌倉散策とソルト公演鑑賞の顛末

スタジオソルト第18回公演「袖木朋子の結婚」を鑑賞するために、久々の鎌倉を訪れた。
のんびりと散策がてら大仏・葛原ヶ岡ハイキングコースを目指して、紅葉には少し早い北鎌倉に昼過ぎに到着。

01

紅葉散策に再訪したときの比較用に円覚寺のスナップを一枚。

参道の踏切を渡り駅前通りに出る角で、何と憧れの井上智陽画伯の匠の市に遭遇!

02

画伯の『かまくら楽食日記』は、そのタッチに惚れ込み、日記を片手に散策した想い出がある。

05

しかも画伯とは、かつて枻出版の『ノート&ダイアリーVOL.4』でご一緒したという経緯がある。

06

新刊の存在を知り、すかさず購入。なんとサービスでサインもいただいた。

03

04

スタートから嬉しいサプライズ気分が高揚したまま、いざ大仏ハイキングコースへ。
途中の葛原ヶ岡神社前のこもれび広場で行われていた秋の文化祭を見学したり、
念願の「カフェテラス樹ガーデン」は、さすが休日のため1時間待ちと聞き断念したり、

09

Photo

花の彩りに引き寄せられたり、眺望を堪能したりとのんびりした時間を過ごした後
しばし甘味休憩。

Photo_2

Photo_3

11

その後、本日の目的地スタジオソルトの公演の舞台となる、『古民家スタジオ・イシワタリ』へ到着。

St01

Photo_4

古民家をそのまま舞台として使うという珍しい設定。
舞台も客席も同じタタミ部屋の空間なので、役者の出入りも客席後方の引き戸から登場したり、
縁側から庭に出入りしたりと、設定された生活の中に同席し、時間と空間が同時進行するリアル感は何ともいえない雰囲気だった。

終演後、舞台道具のテーブルを囲んだ懇親会では、とても気になっていた“これは、舞台が先か?脚本が先か?”という疑問も
直接、脚本家の方からうかがえるという、お値段以上のおまけも付いたサプライズ二本立ての魅力的な一日となった。