« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

記録の“質と密度”にこだわる工夫・その5

“心身の栄養バランス”を保つには、
何が必要か?を考えるために、
生態観察図鑑デイリーコントロールを軸にした
実際の作業をトレースしてみたい。

毎日の定点観測作業の中でも、
特に起床時に集中している流れを
“デジタルとの連携と補完”という視点から俯瞰すると

起床時の体調を記録してから
室温、体温、カラダスキャンで体重や体脂肪ほか8項目の数値を、
生態観察図鑑」や専用リフィルに記入すると同時に、
“ダイエットクラブのマイページに入力する。

↓「カラダスキャン」の測定値

Log


↓“ダイエットクラブ”に数値を入力するとグラフで表示される

Diet_club_a

Diet_club_b


 

ここまでは、自分に関する定点観測であり、
歳とともに劣化する身体を“見張り、見守る”ことで、
変化を意識することが日課になっている。


次に気象庁のサイトから、
昨日の最高気温、地震情報、台風情報をチェックして、
気温は「歳時記リフィルに、
地震と台風データはキャプチャを
Evernoteの該当ノートに追加する。

↓最高気温

Photo


↓地震情報

B

A



↓台風情報

Photo_2


メンテナンスソフトでPCの健康も忘れずにチェック。

Pc


 
こうした朝の定点観測が済んだら
生態観察図鑑リフィルに、
数値や体調などを書き込んだり、
スケジュールを確認し今日という一日がスタートする。


2018年6月27日 (水)

あじさい巡りplus 2018/その8「妙楽寺」

Ph01

Ph02

Ph03

Ph04

Ph05

Ph06

Ph07

Ph08

Ph09

Ph10

Ph11

Ph12

Ph13

Ph14

Ph15

Ph16

Ph18

Ph19

Ph21

Ph22

Ph23

Ph25

Ph24



2018年6月24日 (日)

あじさい巡りplus 2018/その7「郷土の森博物館」

Ph01

Ph02

Ph03

Ph04

Ph05

Ph06

Ph07

Ph08

Ph09

Ph10

Ph11

Ph12

Ph13

Ph14

Ph15

Ph16

Ph17

Ph18

Ph19

Ph20

Ph21

Ph22

Ph23

Ph24


2018年6月22日 (金)

あじさい巡りplus 2018/その6「昭和記念公園」

Ph01

Ph02

Ph03

Ph04

Ph05

Ph06

Ph07

Ph08

Ph09

Ph10

Ph11

Ph12

Ph13

Ph14

Ph15

Ph16

Ph17




2018年6月17日 (日)

あじさい巡りplus 2018/その5「玉敷公園」

Ph01

Ph02

Ph03

Ph04

Ph06

Ph08

Ph09

Ph11

Ph12

Ph13

Ph14

Ph15

Ph19

Ph16

Ph17

Ph18

Ph20

Ph22

Ph23

Ph21


2018年6月16日 (土)

あじさい巡りplus 2018/その4「権現堂公園」

Ph01_2

Ph02_2

Ph03_3

Ph04_2

Ph05_2

Ph06_2

Ph07_2

Ph08_2

Ph09_2

Ph10_2

Ph11_2

Ph12_2

Ph13_2

Ph14_2

Ph15

Ph16

Ph17

Ph18

Ph19

Ph20

Ph21

Ph22

Ph23

Ph24

Ph26

Ph28

Ph29

Ph30


2018年6月15日 (金)

あじさい巡りplus 2018/その3「薬師池公園」

Ph00

Ph02

Ph03

Ph04

Ph05

Ph065

Ph07

Ph08

Ph09

Ph10

Ph11

Ph12

Ph13

Ph15

Ph16

Ph17

Ph18

Ph19

Ph20

Ph21

Ph01


2018年6月12日 (火)

あじさい巡りplus 2018/その2「町田えびね苑」

Ph01

Ph02

Ph03

Ph05

Ph5a

Ph02a

Ph2b

Ph5b

Ph06

Ph07

Ph08

Ph09

Ph10

Ph11

Ph13

Ph14

Ph15

Ph16

Ph17

Ph18

Ph19

Ph19a

Ph20


 


2018年6月 9日 (土)

あじさい巡りplus 2018/その1「相模原北公園」

Ph01

Ph02

Ph03

Ph04

Ph05

Ph22

Ph20

Ph21

Ph06

Ph09

Ph23

Ph24

Ph12

Ph13

Ph14

Ph15

Ph16

Ph17

Ph18


2018年6月 4日 (月)

記録の“質と密度”にこだわる工夫・その4

日々の予定や行動などの生活全般をコントロールして
ミスやポカを減らし、
楽しく漂流するための“羅針盤”となっているのが、
「生態観察図鑑」という“デイリーコントロールリフィル。

“これさえあれば、座礁せずに一日何とかなるための、
コントローラーであり同時に“航海日誌”でもある。

「生態観察図鑑」より時系列で前に位置する
スケジュール管理系リフィルは、
「block-monthly」と「yearly-calendar」の2タイプ。

【block-monthly
向こう5ヶ月分のスケジュール管理ができ、
当月は詳細に遠ざかるにつれおおまかにという
パースペクティブをつけている。

Photo

 
中でも気に入っているのは、玉の両側にある白丸。
仕事とプライベートに分け、ざっくり朝・昼・晩の
内容に応じて塗り分けることで、
予定の埋まり具合がひと目で理解できること。

Photo_2

詳細はリフィル左側のバーチカルに記載し、連携させている。
単なる白丸を限られたエリア内に、
位置と色により記号の意味を
複合させているため、“記録の質と密度を上げ
誤解することなく直感的に理解できる。
 
【yearly-calendar
三つ折り片面で6ヶ月、ウラオモテで1年分の
“スケジュールチェック主なイベントのログ
記録することができる。

Photo_3

 
これらのスケジュール管理情報や
新たに発生したTODOやスケジュールを
「生態観察図鑑」(デイリーコントローラー)に
書き込んで、当日に備えておく。

すべては
“こころとからだの栄養と健康”
のために!

Photo_4


 
TO DOコントロールと身体の体調管理で一日が終わると、
自動的にLOGとして蓄積される。
しかしこのままでは埋没してしまうので、
必要な事柄をすくい取り、留めておくリフィルが必要になる。
それぞれの目的で切り取るための目的別リフィルへと
転記され日々同期される。
そして後日検索する際、検索タグを追うように
目的地に到達することが出来る。
“クローズドのググり”のような感覚である。


この目的別リフィルには大きく分けて
以下のような“ライフログ”系とデータベース”系リフィルがある。

【monthly-record】(月間記録)

Photo_5


【season-glossary】(月間歳時記)

Photo_6


【monthly-account】(家計簿)

Photo_7


【drive-record】(車計簿)

Photo_8


【lifetime-cycle】(消耗品サイクルチェック)

Photo_9


【karada-scan log】(からだスキャン測定値)

Photo_10


【medical-data】(検査値記録)

Photo_11


【medical-log】(診療記録)

Photo_12


【food-nutrient】(栄養成分リスト)

Photo_13


【Amazon-prime】(アマゾンプライム鑑賞記録)

Amazon


【cine-log】(映画鑑賞リスト&候補作品タイムテーブル)

Photo_14

 

これらのリフィルとデジタルが
連携し補完し合って運用しているのが現状。

デジタルとの連携と補完、バックアップなどは
次回にまとめてみたい。

また、趣味の領域のリフィルは、機会を改めて。


長くなってしまいましたが、
お付き合いいただきありがとうございました m(__)m