« 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その5 | トップページ

2018年7月11日 (水)

記録の“質と密度”にこだわる工夫・その6

食生活の“インプットからアウトプット”までを、
“見張り、見守る”ための「生態観察図鑑」で
健康管理を、コントロールする具体的方法。

食事の記録はメニューごとの栄養成分、
カロリーチェックと合計、内服薬記録

食後の口腔ケア記録
(重曹うがい、普通の歯ブラシとタフト歯ブラシ、
歯間ブラシ、デンタルフロス、コンクールFうがい)

Ph01


 
一日の摂取カロリー合計、栄養バランス、糖質率
体温、体重、体脂肪、BMI、基礎代謝、消費カロリー、
水分補給チェック(色分けで水分のタイプを区別)

Ph02

ここまでが、インプットの観察。


そしてこれがアウトプットの観察。

つまり“うんこ”の詳細記録。
腸内環境のバロメータとなるので
観察を欠かすことはない。

五つのマスは、出やすさ・出にくさと、量(SmML)、
○囲みはシャワートイレ、時刻・色味・比重を
太さは0.28と0.38で区別している。
最近、空振りをただの○で表現することに。

Ph03


 
“心身の栄養バランス” を保ち
“生活全般をコントロールする大切さを
歳を重ねるごとに実感している。

これらの記録は
決してノルマにしているわけでもないが、
今日、何をして、何をしなかった”のか
あるいは
“何が出来て、何が出来なかった”のかを
定点観察の項目と捉え、
日々ライフログを楽しんでいる。

« 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その5 | トップページ

システム手帳」カテゴリの記事

コメント

いつぞやのケノです。

最近、Bullet journal が低調ながら流行っています。
手帖遊びのネタになりそうと、当方もトライしました。
Bujo はご存じとは思いますが、下記お知らせします。

因みに、健康の記録等は、Tracker(collectionの内の)
としてBujo の中に組み込めます。

http://monadon.webcrow.jp/index.htm

では、失礼します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429443/73840136

この記事へのトラックバック一覧です: 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その6:

« 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その5 | トップページ