« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月 1日 (水)

記録の“質と密度”にこだわる工夫・その7

“心身の栄養バランス” を保ちつつ
生活全般をコントロールし、
安定した定点観測を続けるための現状の方法。

記入や記録する負担を少しでも軽くしたいので
ひらめきやアイデアはとりあえず試してみて、
ダメならやめ、余分なストレスがかからないようにしている。

「生態観察図鑑」の記入に関するこだわり

測定項目の記入位置を固定してあることで
迷うことなくペン先が目的の箇所へたどり着ける。
空欄があれば目立つので記入漏れを防ぐことができる。
(例えば、薬の飲み忘れや歯磨き忘れなど)

項目数が多いので累積作業時間を少しでも減らすために
記号、省略、短縮、色分けなどで
あとあと振り返るときに
参照することなく直感で判別可能な表記を考えている。
同じ記号でも内容や場所によって
誤解が生じなければ、問題はないため
使い回しは気にならない。

記入パターンが定型なら

✓マーク
○の塗りつぶしや○囲み
・、★の位置
→、← 
▶、◀ 
( )、〈 〉

などと色分けを組み合わせている。

加えて記入そのもののストレスを軽減するために
MDペーパーStyle-Fitの0.28ミリという組み合わせ、
色数の誘惑に負けずに
“ブルー、レッド、オレンジ、グリーン、ブラック”5色をホルダーにセット。

同じホルダーを作業デスク、ダイニングテーブル、
ベストの内ポケット、BAGのペンケースに2組。

“Pentel/petit-corre 2.5ミリ”の
ペン型修正テープも忘れずに。

Photo


5色の順番はどれも同じだが、念のため油性マーカーでカラーリング。

Stylefit

 
『記録の“質と密度”にこだわる工夫・その5』では
主に利用しているサイトとの連携と補完を取り上げたが、
ここでは“Evernoteとの連携と補完の現状の方法を。

使い方はシンプルに

“ノート”をリフィル感覚で
1案件ごとにタイトルをつけ
内容ごとに分類して
“ノートブック”で括る方法が
今のところ気に入っている。

起きてからの一連の観測記録の詳細を
整理するために記録の流れを“ショートカット”に
登録してあるので、迷うことなく順番に
作業することができる。

01


月毎に一括りにしておくと、
あとあと参照データが必要な時にたどりやすい。

流れる時間の蓄積を“ライフログ”として積層し、
必要な時に必要な場所へ、迷うことなくたどり着くために
どのような検索タグやパンくずを置けば効果的かを
試行錯誤中。

大分類で
【パソコン・ネットワーククルマ模型通販取説
コツ資料気になるともなどノートブックの
見出しを立て、

02


項目の分類は、

04

05

06

07

 
●例えば、気になったサイトの情報は
“Firefox”からとりあえず“inbox”というノートへ
クリップしておいてあとでまとめて分類、仕分けを。

例えば、“レシピBOOK
のノートブックには、
【や・野菜】キャベツというノートをたてて
気になるレシピを見つけたらクリップしている。

【た・炭水化物】【ち・中華】【だ・大豆】
【か・缶詰】【に・肉】【フルーツ】【油脂】【ほ・保存】【れ・冷凍】【食材知識】などに分類し
タイトルでソートすれば簡単にたどり着くことができる。

Book02

 
例えば、“通販のノートブックには、
タイトルに注文日、品名を入れ、
受領したら頭に✓ 点を付けて見分けられるようにしてある。

Photo_2

 
かつて、リフィルで分類整理していた方法は
アナログでは逆立ちしても叶わないほど
便利なデジタルとの連携により
記録の質と密度が向上している。


楽しきかな ライフログ!!