« アナログとデジタルの連係は今・その1 | トップページ | 「バイブルサイズの小宇宙」 羅針盤と航海日誌の仕組み »

2018年9月27日 (木)

アナログとデジタルの連係の今・その2

【ラジオドラマコレクション】の場合

ラジオドラマは昔から興味があり、
思い出をたどると
NHK第一放送の三太物語」や「一丁目1番地」、
ラジオ東京の「赤胴鈴之助」や「パパ行ってらっしゃい
などをタンスの上のラジオにかじり付き
夢中で聞いていた記憶がかすかに蘇る。

振り返ると小・中・高と放送部に所属していたこともあり
興味が途切れることはなかった気がする。

ラジオドラマをひたすら聞きまくっていた頃は
ラジオドラマ全盛で、能率手帳にチェックの痕跡が。

Ph01


 
ここまでは、リアルタイムで聴く以外の手立てはなく
テレビとのバッティングや外出などで聞き逃すこともあった。

その後カセットテープの時代が到来し、
手元に残せるコレクションが実現した。

録音によるコレクションは
だいぶ数が増やすことができたにもかかわらず、
現在手許に残っているのはこの17本のみ
(オレンジのダイモで分類、1970〜1977収録分。黒は音楽テープの一本)
機材は“SONY/カセットデンスケ”を使っていた。

Ph02


 
時代は流れ、新たに録音環境が整ったのは
2010年に「OLYMPUS/RADIO SERVERを手に入れてからで、
デジタルの恩恵を初めて実感した。

その経緯は
→BLOG「ラジオ留守録データのバックアップと整理」

Ph03

 

その後、2012年に「ラジ録2 MAC版」を導入したことで
RADIO SERVER」から録音環境はグレードアップ。

→BLOG「ラジオドラマ収録に強力な助っ人!」

Ph04


そして、現状は「
NetRadioRecorder 7」を使用し
より使いやすい環境に満足している。

Ph05_2

Ph06_2


デジタル環境も、より向上したはずだったのだが、
予約録音が機能するのは、
PC起動が大前提という当たり前
対応できない事態が頻発!
外出中はリアルタイムでラジオを聴くほかなかった。

しかし最近は「ラジコ」や「らじる★らじる」のお陰で
アーカイブを聴くことが出来るようになり、
コレクションをため込む一方で、
聴くチャンスは永遠に来ないというジレンマ!から抜けだし、
“聴いて楽しむ”という本来の姿に戻ったという思いが
正直な心境の、今日この頃である。

因みにかつての番組情報
専用リフィル

Ph07


現在はEvernoteに置き換わっている。

Ph08_3

Ph09_3

Ph10_2

Ph08_2

Ph09_2

 


 


 

« アナログとデジタルの連係は今・その1 | トップページ | 「バイブルサイズの小宇宙」 羅針盤と航海日誌の仕組み »

システム手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429443/74279249

この記事へのトラックバック一覧です: アナログとデジタルの連係の今・その2:

« アナログとデジタルの連係は今・その1 | トップページ | 「バイブルサイズの小宇宙」 羅針盤と航海日誌の仕組み »