« 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その7 | トップページ | アナログとデジタルの連係は今・その1 »

2018年9月 1日 (土)

記録の“質と密度”にこだわる工夫・その8

プラットホームである
「生態観察図鑑(デイリーコントロール)」への
記録と記入はその目的や方法により、
いくつかのパターンに分類することが出来る。

限られたスペースに
効率よく、
しかも解釈の相違や曖昧さを防ぐために、
一目瞭然で馴染みやすいものを
使うように心掛けている。

記号化

D

 

「▶と◀」は、相手とのやりとりを表現

ピンクの▶ (仕事の発注や納品、商品の注文)
グリーンの◀ (仕事の受注や、成果物や商品の受領)
▶(郵便物やメールの発信) ◀(郵便物やメールの受信)

例外としては
▶普、缶ビン、PET 分別ゴミ日チェックとか
▶「映画タイトル」 映画鑑賞記録

24
時間軸上で
◀(場所やイベント) 待ち合わせや開始時刻にマーキング

□(作業) 仕事やリフィル作り、手帳へのミックスダウンなど
 作業内容により色分け

定例作業は区別するために★


スコアチャート
起床時のコンディション
タテが気分、ヨコが体調、右は腰痛の程度

A_2

 
体温、体重・体脂肪、BMI、歩数・消費カロリー、
水分補給チェック
筋トレメモ、排便チェック

これらは、変化を見落とさず、見守るための
“見張り番”

C

Ef

▲ 筋トレメモ、排便チェック(左)と睡眠合計時間(右)


記録のスタイルは、
プロットしたり、数値を記入したり、
アナログ量で表現したり、チェックを入れたりと
何をしたいかという用途によって決めている。


一日の終わりには、摂取&消費カロリーをチェック、
明日の体重測定のために必要事項を書き入れたら
無事に終えることの出来た“今日一日”を振り返る。

 

B

 

起床時と同じ心身のコンディション、
右側には予定の達成度をざっくりと
下側には心の変化割合を
(ピンクはヒヤリハット、ブルーは平穏)


そして、明日の自分への申し送り事項を、
スコアチャートに記録して、
今日という一日が完了する。


カラーリングに使うマーカーにもこだわりがあり、
色味やペン先の感触などから使い慣れたものは
自作の初期から変わらずに愛用しているが、
マイルドライナーが加わってからは
表現のバリエーションが広がった。

G


生態観察図鑑という
この“デイリー・コントローラー”は、
いわば、生活の工程管理表ともいえるが、
ときには、
カルテでもあり
スコアブックでもあるが、
グチやワガママまでも受け止めてくれる
懐の広いお馴染みさんでもある。


そして、過去の知りたいことは何でも分かる!
なんといっても、

これは私の、
生態観察・図鑑なんですから。

H



« 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その7 | トップページ | アナログとデジタルの連係は今・その1 »

システム手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429443/74134112

この記事へのトラックバック一覧です: 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その8:

« 記録の“質と密度”にこだわる工夫・その7 | トップページ | アナログとデジタルの連係は今・その1 »