« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月22日 (月)

「歳時記リフィル」改訂、7.0へVER-UP。

10

前回の記事をまとめているときに、
気になる部分に手を入れたくなり、

*二十四節気や七十二候をより分かりやすくする
*変更した小口エリアを見直す

などの改良を加えて、VER.7.0に。

11


 
主な変更点は、

01

02

とりあえずこれで、少し様子を見ることに。

 


2018年10月14日 (日)

「歳時記リフィル」を支えてくれる構成要素


“季節の移ろいをリフィルにまとめてみたい”

という思いからスタートした
「season glossary (歳時記)」リフィルも7年目になる。

61_6

このリフィルは
暦や気象のデータの組み合わせで成り立っているので、
今回はこれらの拠り所となっているサイトのご紹介と
このリフィルの変遷を。

2011年1月にプロトタイプを作り、
試行錯誤の後、VER 2.0でスタート。

項目は
日付、
最高気温平年値データ(気象庁HPから)、
実観測値(翌日に前日確定データをチェック)、
朔望、雨天チェック、
最高気温実測値と平年値との比較、
二十四節気と祝日、
天候や季節に関するメモスペースと備考欄

小口には全てのリフィル共通12ヶ月インデックス
(1月のタブに2011年カラーの浅葱色)

ver.2.0

20


 
作成後、すぐにいろいろな欲が出はじめ
タイトルスペースを確保して、情報を盛り込むことに。

一月の花の画像、月の異名、外国語での表現
今月の花、旬の食材、誕生石
右隅にサイトとブログの月別アクセス数合計
を加えてVER.3.0として再スタート。

自作だからこそのスピード感と小回り感覚で
満足を味わうと、
元には戻れない身体になってしまう!

これが自作の醍醐味!!

ver.3.0

30


 
曜日、六曜、日干支、七十二候を加えて、VER-UP。

ver.4.0

46_2


リング穴をセンターに空けることで
見開きで使えるスタイルに大幅変更、5.0にVER-UP。
(普通、二つ折りは開いた半分がバインダの外にはみだすので、
下敷きなどで補助しないと記入できない)
見開きのママ隅々まで記入でき、使い勝手が向上!

ver.5.0

50


 
2013年11月のver.5.0から時は流れ、現在ver.6.1。

朔望欄には月齢を追加、
七十二候はその内訳を1〜72の数字を貼り、色帯で分かりやすく表現、

バインダ内で位置は固定されているので
月のインデックスは不要となり、
月の花をあしらったインデックス・タブを
ビルトイン(インデックスを後付けではなく、
リフィルに初めから組み込んで、
印刷後リフィルと共に切り出している)

ver.6.1 オモテ

61_7

01_3


基本的な情報は、おもに「旭川情報ねっと」を参照させていただいている

Photo

ver.6.1 ウラ

61_2


 
この情報は、「暦生活」のサイトから拝借している。

Photo_2


最高気温データは、
気象庁HPの各種データ>資料/過去の気象データ検索>日ごとの値を
参照させていただいている。

Photo_3


 
「地震情報」データもこちらでお世話になっているが、
現在「Evernote」に月ごとにノートを立ててまとめている。



七十二候に関する情報は、
「七十二候を楽しむ日本の風景カレンダー/山と渓谷社」の
存在を知り、
内容の充実度、風景写真の美しさ、七十二候に関する情報の豊かさ、
加えて日曜始まりのブロックタイプは主な予定チェックにも
重宝している.
2016年版からなので日は浅いのだが、欠かせない情報源として
毎年楽しみなマストアイテムとなっている。

01_2

02


この「season glossary (歳時記)」リフィルは世話が焼ける、
しかし、
お気に入りリフィルの1枚でもある。


 

2018年10月11日 (木)

今更ながらのバインダ見出しに挑戦!

27日の展示に向けて作業を進める中、
ふと気付いてしまったコト。

保存用バインダの外面にあまりにも無頓着過ぎた!!

INDEX TABには
いろいろと思いを詰め込んでいるのに、
気が回らなかったとういうか、
気が向いていなかった。


昔はインレタなどでそれなりに手間を掛けていたのだが…

Ph04_3

 

現在は “マステに油性ペンの手書きという手抜きに
多少の違和感を覚えつつ、
ほったらかし状態であることに
やっと気付いた次第で、
あまりにも可哀想な仕打ちに反省。


気を取り直し、アイデアを煮詰めてとりあえず試作VERを。

Ph01_3

Ph02_2


「01〜05」の数字は数が増えたときの連番用。

並べてみると、それなりに見映えは良くなった。

Ph03_3

あとは馴染めるか?

チョット様子を見ることに…

2018年10月 9日 (火)

「バイブルサイズの小宇宙」 羅針盤と航海日誌の仕組み


「バイブルサイズの小宇宙」
自作システム手帳 現状のフローチャート

04

04_2


詳細は、第7回手帳総選挙・横浜にて

Photo