« あじさい巡りplus 2019/その8 「南沢あじさい山」 | トップページ | 上半期の総括とライフログの“思うツボ” その2 »

2019年7月10日 (水)

上半期の総括とライフログの“思うツボ” その1

 

途切れることなく続く “この瞬間の一瞬後はすべて過去” を定点観測する。
 
つまり“生態観察日記”を欠かさずに記録することは
宿題ではないので、ノルマ感はないのだが、
今この時にしか記録できないデータをリフィルにプロットするために
必要な
受け皿を作り、置き場所を決めて気のすむように記入を楽しむ。
 
“何をし、何をしないのか” なにが “思うつぼ” なのか?
 
記憶の片隅に、石ころを一つ置いてくるような軽い気持ち。

昨日は、置き忘れてしまったが、それはそれ。
と思う身軽さで、日々を卒なくこなせれば、良しとする。

上半期のライフログ集合
Ph0104
日々の“生態観察日記”の中で居心地が
気になる引っかかりや表記の不具合は
納得できる改善を施すことで
ストレスをため込まずに暮らせればOK。

たとえば
「生態観察図鑑」の、ある一日を振り返ってみると

6/21の行動スケジュール

この日は「あじさい巡りplus その6」をメインに
たい焼き3軒と立ち食いそば1軒に目星をつけて
前日の夜にコースを決めた。
 
(木村家)→(鯛あん亭)→(横浜イングリッシュ・ガーデン)→(鈴一)→(くりこ庵)

Ph0106

Ph0105

たい焼き3軒は、メチャ多すぎるのだが、
ネットで絞り込んだ結果の3軒、
滅多に来ることないエリアのため、
次はないと思い込み決めてしまった。

予定では、三渓園も目指すつもりだったのだが
(くりこ庵)を終了した時点で、
気力・体力とも限界を感じ、帰路についた。
 
果たして、
この日は22142歩/15.5キロの強行軍となった。

おまけにたい焼き5匹もゲット!
(さすがに全てを食するのは危険と感じ、
2匹にとどめ、残りは冷凍庫へ)
それでも、糖質率は0.47と最悪に!

Ph0102

Ph0103

いつか、遠い思い出の中に埋もれてしまう
日々のライフログは結果であり、目指してはいない。
 
“腑に落ちる生活がしたい”
 
どのリフィルも
そのためのツールとして存在が許されている。
 
“雑多な思い”の中で月末の作業が繰り返され
七月分リフィルの準備が完了し
いよいよ、下半期に突入!

Ph0104
 

« あじさい巡りplus 2019/その8 「南沢あじさい山」 | トップページ | 上半期の総括とライフログの“思うツボ” その2 »

システム手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あじさい巡りplus 2019/その8 「南沢あじさい山」 | トップページ | 上半期の総括とライフログの“思うツボ” その2 »