« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月22日 (土)

“3”で“仕切る”、“回す”、“悩む”に思うコト

 

リフィルに記録するために配置されたゲージの
スタイルを眺めていると
“3”に仕切っているものが多いのに気付いた。

“3”であることの
使い勝手とか使い心地の良さは、
性分とか癖に依存しているのかも知れない。

Ph00_20200222013601

■「生態観察図鑑」に収納されたゲージ

Ph01_20200222013601

■起床時と就寝時のコンディションチェック
気分:上下3段階 体調:左右3段階に分けて
起きたときに心身コンディションをプロット
Ph02_20200222013601

排便のLOG
 
S、M、Lで量をカウント
Ph03_20200222013601


「歳時記」の最高気温における平年比較
その日の最高気温の横を上・中・下旬に区切り、
該当月を記入。± 2℃の場合は“●”、平年値外は “−” で表記
Ph05a

Ph05b


■「BLOCK-MONTHLY」
日付枠内に収納された確認用予定表示

Ph06a

日付枠内の左右にそれぞれ3つの○を配置
朝・昼・晩の予定を塗りつぶす(左は公用、右は私用)ことで
予定の有無がひと目で確認できる。

Ph06b


「WEEKLY SCHEDULE」のTO DOスペース分割
朝・昼・晩の分け方は、「WEEKLY SCHEDULE」でも使っていたが
このリフィルは8年前に役目を終え現役を引退した。

Ph07_20200222013701


地震情報のLOG収集時の震度3”
気象庁の地震情報をチェックしてLOGを取る際は
全ての震度をカバーできないので、一応 震度“3”以上を目安にしている。

Ph09_20200222013701


■TV録画予約における“3”チューナーのジレンマ
基本、TV番組はリアルタイムではなく録画を観るようにしている。
内容全てに目を通すムダを省き、必要と思う情報をつまみ食いする感覚。
 
録画同時2番組+視聴1番組の現状の中で、
録画時から再生時まで、興味のプライオリティを常に判断する必要があり、
「tv-check」は、これらの状況のLOGも記入している。

Ph10_20200222013701
Ph11_20200222013701


このLOGのアーカイブは、当時の様子を知る資料としても役立っている。
 
 
これらのジレンマを解決する方法として、
「idea-board hexagon」で“一人ブレスト”をやっているところ。

Ph12_20200222013701


2020年2月20日 (木)

久々に「cine-timer」の出番!

 

昨年末から今年にかけて観たい映画が目白押しになってきたので、
このところ遠ざかっていた「cine-timer」のお世話になることにした。

シネコンのお陰でウロウロせずに映画鑑賞できるのは、
ありがたい反面、観たい映画をハシゴするときに突き当たるバッティングの問題!

ムダを少なく効率よくハシゴするためには
単にタイムテーブルの時刻を眺めるだけでは、
とてもじゃないが、オーバーフローで機能不全に!

そこで理解できる可視化を模索してできたのが
この「cine-timer」だ。

Ph01_20200220112201


いままでは、観たい映画リストで
作品名、劇場名、タイムテーブルを
確認すれば良かったのだが、
ハシゴの場合これだけでは難しい昨今。

Ph02_20200220112201

解決するために、タイムテーブルを
グラフで可視化するとこのようになる。

Ph03_20200220112201



どの劇場を選べば効率よくハシゴできるかを見極めることができる。


結果はいままで通りこのリフィルに記録する。



Ph04_20200220112201
Ph05_20200220112201