« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

ぶらりさくら巡り2020 三輪緑山界隈

Ph01_20200331000401

Ph02_20200331000401

Ph03_20200331000401

Ph04_20200331000401

Ph05_20200331000401

Ph06_20200331000401

Ph07_20200331000401

Ph08_20200331000401

 

2020年3月30日 (月)

ぶらりさくら巡り2020 二ヶ領用水

Ph01_20200330132601

Ph02_20200330132601

Ph03_20200330132601

Ph05_20200330132801

Ph08_20200330132701

Ph06_20200330132601

Ph07_20200330132701

Ph09_20200330132701

Ph10_20200330132801

Ph12_20200330132701

Ph13_20200330132701


着陸降下中のP-1

Ph14_20200330132701



久しぶりに桜散策とセットで、
12月にオープンしたばかりのたい焼き「暦 KOYOMI」
Ph15_20200330132801
Ph16_20200330132701

通算22軒目
Ph17_20200330132701

2020年3月28日 (土)

“未完も可”を許容する心境


これだけの“銀色”を揃えて一体どうする?の自問。

裏付けをとりたくなり、
洗い出した結果。

Ph01_20200328024301

果たして残り時間で作りきれるのか?

“未完でも良し、完成ならなお良し”のお気楽モードで。
 
 
最近、性懲りもなくつい手を出してしまい、
反省もアトの祭り。

Ph02_20200328024301
Ph04_20200328025801

思えば6年前に手に入れた「F-35A」以来、二機目。

Ph03_20200328024301
Ph05_20200328030601

2020年3月17日 (火)

カラーチャート試作

Ph01_20200317085201

Ph02_20200317085201

 

プラモデル用の塗料が増え続け、特にシルバー系の種類が多く
混乱状態を解決するために、カラーチャートを作成した。


色を決めるときに比較しやすくするには、
プラ素材に直に塗装する必要があるので、

Ph03_20200317085201

このプラペーパーを10×40ミリにカットし、リフィルに仮止めする。

Ph04_20200317085201

実際に塗装する時の参考にする比較チャートなので、
色味と濃度でグルーピングした。


新色を試すことはあっても、コレクションの対象にはならない。多分…

2020年3月16日 (月)

「生態観察図鑑」29.0へVer-Up

24時間軸をグラデーションでカラフルにして、
昨年10月のver.28.3から29.0へメジャーVER.UP.

Ph01_20200316072501


VER.No.とクレジットも変更

Ph05_20200316072501

2020年3月 4日 (水)

今ごろ気付いた、「年齢早見表」更新もれ!

ぴったりくる“年齢早見表”を探して、
彷徨える年末の繰り返しにピリオドを打ち、
自前のリフィルを使い始めたのが7年前。

少しずつVER.UPしながら続けているが、
最近更新していなかったことに気付いてしまった。

Ph01_20200304081301
▲スタートしたVER.1.0/2013年版


作業の途中で、気になる部分を見つけ修正して完成。

Ph02_20200304081301

Ph03_20200304081401


改元時の表記を少しだけ変更した。
Ph04_20200304081401

2020年3月 3日 (火)

多分お初の“手帳夜話会”

Ph01_20200303073701

 

誕生祝いを兼ねた夜話会を、開いていただきました!
 
今後のスケジュール確認と摺り合わせもみっちり!
今年もイベント盛りだくさんで、
ドキドキ・ワクワクです。

カロリーオーバーは無礼講ということで (^_^;

2020年3月 2日 (月)

とうとうやっちまった!手帳紛失の顚末

Ph01_20200302014901

 

アナログ手帳で考えられるダメージシーン。

水害(トイレに水没、ポケットが
ずぶ濡れ液体をこぼすetc)と
紛失(落とす、捨てる、盗難etc)は、すぐに思いつく。

ひと月ほど前に、ついにやってしまった“紛失”事故

小田急線車内!(しかも帰宅後に認識の体たらく!!)
感違いの“削除ボタンに等しい、衝撃と絶望を味わってしまった

せめてもの救いは行動ログ用の手帳だったので、
ダメージは最小だったと思いたい。
翌日、落とし物窓口で問い合わせるも該当なし!


さて代替をどうするか?

それまで長年愛用してきた10ミリ金具の改造バインダーと
同等の
使い勝手を維持するためには、さてどうしたものか?

まず、手持ちのMD製新書カバーにWクリップで
リフィルを留めてみたのだが、使い勝手が悪い。

次に、未使用バインダーの9ミリ金具を流用、接着。
前にお遊びで作ったペンホルダーをセットし、急場しのぎに。


Ph02_20200302014901
Ph03_20200302014901

カバー自体の薄さと少ないリフィル枚数で、
かなり軽く仕上がりまあまあの出来映えとなった。

オモテは寂しいので要検討ではあるが、
とりあえず試すことにした。


Ph04_20200302014901

上の画像は2冊お揃いなのだが、
実は最近もしかしたらという思いで、小田急に問い合わせをすると、
な、な、なんと届け出があり!無事に戻ってきたのであります。
(ただただ感謝感謝 m(__)m)

3週間ぶりに感激の対面。
諦めていたチケットが無事で良かったと思ったのも束の間、
講演中止になっちまった!トホホ!!