システム手帳

2019年5月 7日 (火)

“No Refill, No Life”の足跡・その5 映画鑑賞

記憶に残る最初の映画は、『ゴジラ(1954)』

その後の記憶は
『空の大怪獣ラドン(1956)』
『地球防衛軍(1957)』
『美女と液体人間(1954)』と続いているので、
東宝の特撮SFに夢中になっていたのだろう。

記録に残る最初の映画は、
1965年12月22日の
『007 サンダーボール作戦(1965)』
Ph03_11

これが、記念すべき手帳ライフのスタート地点
1966年版 “ブルーダイアリー Jr.” の年玉手帳、
1965年ページ部分。
Ph04_11

うしろのメモページに映画館のTEL.LIST。

まだ上映時間情報などは全くないため、
必ず劇場に問い合わせる必要があった。
Ph06_13
年が明けた1月3日には
『テレマークの要塞(1965)』
『脱走特急(1965)』
『秘密大戦争(1965)』
3本をはしごした記録が残っている。

このあたりが “映画鑑賞に夢中!!
” の始まりだったのだろう。


1972年に雑誌『ぴあ』が創刊され、
劇場に直接確認していたタイムテーブル情報が
チェックできるようになった喜びは今でも覚えている。

前売り券を手に入れるために、
売り場情報をの切り抜きを手帳に挟んでいた。
Ph07_13


見たい映画のタイムテーブルを専用リフィルで
管理し始めたのは手元に残っている限り1987年が最初だった。
鑑賞チェック、作品名、劇場、タイムテーブルをリスト化。
Ph08_11

その後、横向きに変更して
鑑賞日、ランク、作品名、公開日、エリア、劇場名、TEL、
タイムテーブルと並べたチェックリスト(1990)

Ph09_11

項目、書体を見直したVER.UP版(2003)
Ph10_9

鑑賞リスト(2003〜2004)
Ph11_7

鑑賞リスト(2005)
右側を、観たい作品候補リストに。
Ph12_8

このスタイルは現在も継続中
Ph13_5

劇場鑑賞の年間本数はかなり少なくなっているが、
Amazonプライムのお陰で“作品鑑賞本数”は劇的に増えている。
Ph14_6

2019年4月25日 (木)

“No Refill, No Life”の足跡・その4 健康管理

健康を意識して食生活を見つめたのはいつの頃だったか?

能率手帳の時代には右ページの片隅に記入した
外食の出費メモ程度だったものが、

Ph01_14

バイブルサイズに面積拡大してから食生活を含めた
健康チェックや体調管理に意識が向き始め、
専用リフィルを自作することに。


“月間デイリー”をベースに
毎日の食事の記録をメニュー、カロリー、
内服薬チェックなどを加えたチャートを作り
「HEALTH CHECK」リフィルのプロトタイプが完成。

Ph02_9

他のリフィルと区別するために
色上質に出力したものでスタート。

Ph03_10


いま見直すと、
当時は食事のメモをまとめただけで
これを元にして食生活を見直すというところまでには至らず、
総摂取カロリー、便通、睡眠時間なども
記録するという習性の延長でしかなかった。


その後、興味と意識が高まり
マンスリー記録からデイリー記録へと変化し
カロリーだけでなく
四群に分けた栄養成分も記録出来るようにし、
食材ごとにしっかりとカウントしたので
記入量が一気に増えることになったのだが、
チェックし記録する楽しさを味わっている。

Ph04_10

バイオリズムに興味を持ち、
マニュアル本から定規をつっくたりしたのだが、
リフィルに組み込むことにしてVER.UP。

Ph05_11

Ph06_12


当時は、外食の記録がほぼメインだったが
食材ごとにしっかりとカウントする意識が芽生えていた。

DIET-CONTROL”と名付けて、
食生活を軸にした“健康管理”専用に
レイアウトや項目を試行しながら
VER.UPを重ねた。

Ph07_12


やがて
DAIRY-CONTROL”を根本的に見直し
一日の生活を一括管理できる
プラットホームとして機能するように整備、
現在も続くフォーマットが完成した。

Ph08_10

基本フォーマットは維持しながら
ライフスタイルや記録対象の変化に応じて
VER.UPを繰り返し、現在はVER.28.2
(因みにこの日は、富士山麓界隈をぶらりした日)

Ph09_10

2019年4月12日 (金)

久々のディテール改良で 「生態観察図鑑」VER.28.2へ

歳の影響もあって、最近「生態観察図鑑」の記入に
難儀を感ずるようになった。

問題は二つ

“色合いが淡すぎる
ことと文字が小さすぎること。

思えばこのスタイルにしてから、
ほとんど変更することはなかった。

わざわざ見づらさを我慢する必要もなく
手直しをすることに。

*時間軸表示の数字を拡大

*薄い色味を変更して濃度を上げる

VER.は、28.1から28.2へ
20190412-81454
20190412-130028
20190412-130039
必要な時に必要なだけ修正出来るのが
自作リフィルの良さでもあり、
醍醐味でもある。

まさに

“No Refill, No Life!”

2019年3月27日 (水)

“No Refill, No Life”の足跡・その3 生態観察図鑑

 


生態観察図鑑(daily-control)が

現在のスタイルに至る道のりは

能率手帳時代にまで遡る。


能率手帳を使用した最後の年は1982年、

ここからいよいよ、システムダイアリー時代が

始まることになるのだが、

“一週間バーチカル・レフトから

“1日1ページダイアリー”への転換は

当初、相当な戸惑いと試行錯誤の日々が続いた。


結果、一年近いオーバーラップ(両方の手帳をダブルで使用)期間を経て、

記入スタイルが固まり、システムダイアリー一本に絞ることができた。


能率手帳/1982年10月31日〜11月6日

左ページには、滞在時間、会った人、TELのやりとり

右ページ左側には、主な作業記録、右側には出費メモ


01



1日1ページダイアリーうら/1982年11月1日

作業日報を時系列で記録

(おもてには一日の作業予定のTO DOのみ)


02




1986年春にバイブルサイズに出会い、

“1日1ページダイアリーのようなリフィルを探すも

巡り会えず、とりあえずmaruman/DATA PLAN

区切り線を引いて使うことにしたのだが、

日々この区切り線を引く手間を省くために

自作リフィルの道へ踏み出すことになった。


03




自作リフィル第一号(右がおもて、左がうら)


04

時間軸は8:30〜24:00、上段6行が予定欄、中段に行動記録となる。




小口にはシステムダイアリーの検索インデックスを応用、

12分割で12ヶ月をマーカーで塗り分けるため

輪郭線に変更した。

この検索インデックスは現在も変更せずに継続中。

(因みにこれは写植の組み版で作成した印画紙原本。

いまでも酸化せずに白さが保たれていることに驚き!!)

 

これをマスターに両面コピーして使い始めた。

 

 

翌年の7月にアスキーから「リフィル通信」が創刊。

 

プレゼント企画の景品欲しさに

このリフィルの使い方を応募したところ、

次の「Specialリフィル通信」に掲載され

記念すべきメディア・デビューとなった。


Special01

Special02


2



創刊号の表紙には“Macintosh Plus”が燦然と輝いていたのだが、この時にはまだマックの“マ”の字も知らなかった (^_^;

 

 

このリフィルフォーマットは、小さな改良を重ねながら

使い勝手の向上を目指した。

 

大きな変更は、

24時間の時間軸に拡大して4ミリ幅の横罫から独立させたこと。

記号や省略、アナログ量のマーキングなどにより、

時間軸上に表現すればスペースの有効活用につながる。

 




Ver4




このリフィルは、当初“1日1葉ダイアリー”と呼んでいたのだが、

1988年の一年分を綴じる際に“DAIRY-CONTROL”と名称を変更し、

現在に至っている。




2a




途中から記録内容をを考慮して“生態観察図鑑”になるが、

あくまでも基本のスタンスは“DAIRY-CONTROL”に変わりはない。


2018







2019年3月22日 (金)

“No Refill, No Life”の足跡・その2 続カーライフLOG

サニーの時代から、“いつかきっと…の思いで
入ったジェミニオーナーズクラブ。

ツーリングやミーティング、
ジェミニの全情報をまとめた冊子の発行など、
周回遅れの懐かしい思い出の数々。

Ph01_3


昨年ハセガワ1/24ジェミニZZ ロータス発売され、
懐かしさから入手した…のだが、
終活を考える年代のハズなのに、一体何をしているのやら!?
Photo
コレクションリフィルが、久々に追加された。


こんな雑誌も手に入れ、

購入日、書名、購入価格、発行年月を
「BOOK-LIST」にリストアップ。
51yu5minqpl_sx373_bo1204203200_


クルマに関するつれづれなる興味のあれこれ

●「ナンバープレート de 九九」
Ph04
2010年からスタートしたナンバープレートのかけ算コレクション。
“6742”と“7642”は欠番らしいので、
“7749”を残して、9年目に突入!


●街で見かけた「こだわりのナンバープレート」
Ph05

●街で見かけた「気になるクルマたち」
Ph06

●街で見かけた「バイクの後ろ髪」
Ph07

●引越トラックのスナップ、「引越動物図鑑」と名付けて一括りに
Ph08

●部品や用品の整備記録
Ph10

●娘の成長記録をクルマとともにスナップ
 20年にわたるお宝映像!
Ph11


●知り合いにお願いして手に入れた手帳と
“栃木レザー”の手帳カバー、ワンオフで作っていただいたお宝!
クルマ専用のLOGブック
Ph09


ぶらり春旅で巡ったルートの記録
Ph13

「ぶらり春旅2015 その10 富士山麓界隈」のもの


●現在、車計簿とメンテ記録などはこの一冊にまとめている
Ph12


現在も残っているこれらの記録は
それぞれの時点では、単なるLOGを取る作業でしかなかった。

この記事をまとめながら、
当時の“思い”や“熱”が鮮やかに思い起こされ
タイムトリップ気分に浸ることに改めて気付いた

自分以外には何の価値も重みもないシロモノではあるのだが・・・

次回は、括りをかえて別の切り口で。


2019年3月18日 (月)

“No Refill, No Life”の足跡・その1 カーライフLOG

SDを愛用していた時代に
クルマを初めて所有したこともあり
車計簿や資料整理に重宝していた。

Ph01


スタートは、1983年4月だった。

Ph02


知り合いから譲り受けたサニー1200を下取りにして
手に入れた2台目がFFサニー。

Ph05


「オートメカニック」の古本入手状況をチェックしたり、

Ph03

チューニングにも興味を持ち、広告も切り抜いていた。

Ph04



時は流れ1988年10月。
念願の「いすゞ/ジェミニ ロータス」のオーナーに!

Ph06


 
システム手帳も、SDからバイブルサイズに移行して
車計簿は自作の月間応用リフィルでLOGを継続。

Ph08

Ph12


何でもリフィルサイズにして綴じ込むのが当時の流行だった。

Ph10

Ph09

Ph11


 
二つ折りの“メンテナンス管理”リフィル
項目ごとに整備に関する全てを把握するための専用リフィルで、上下2段で2万キロを管理できる。

Ph13


 
これらの記録は、バリエーションも増えて
現在も継続中。

詳細は次回に。

2019年2月25日 (月)

「idea-board hexagon」リフィルの使用感

“idea-board hexagon”の使用感報告。

センターの周りの六マスの色を変えたVER.2.0に変更したが
内容によっては色分けをしないVER.1.0も捨てがたく
type-A、type-Bの2本立てに決定。

また小口のインデックスは、後から該当する位置にマーキングする方が
使いやすそうなので、項目はプリントしないことにした。

▶アタマの中や外に散らばった思いを、飛び去る前にすくい取り、
 振り分ける作業が効率的に出来るようになった。

▶この振り分けの書き込みをしながら、モヤモヤをスッキリさせる。


 
■リフィルの作法 (type-A)
 自作リフィルの方法論覚え書き

01


 
■いまリフィルで出来ていること (type-B)
 “生態観察図鑑(daily control)”に記入している項目の機能まとめ

02

 

■生活の中の“熱量管理”
 生活の中での“カロリー・コントロール”という切り口で洗い出し

03


 
■気になるコトバ
 何気なく耳にした、“引っ掛かった言い回し

 

04


 
■響いたコトバ
 忘れがたい“印象的な言い回し”

 

05_2


 
■キーワードの連想と連係
 閃いた言い回しや連想した表現をランダムに書きこむ抽斗

06_2

 

■CMウォッチ
 印象的なコマーシャルの備忘メモ

07


 
■気になるテーマ「食品ロスの実態」
 メディアで拾った気になる事柄を、自分なりに解釈したまとめ

08


 

三つ折りリフィルサイズなので、
専用“三つ折らずバインダー”を作りたくなっている。

久しぶりに、カルトナージュの出番かも?


 



 


2019年2月20日 (水)

生態観察図鑑に“季節の移ろいタブ”を新設

毎月の「歳時記リフィル」に書き込んでいる、
季節に関する出来事のメモ。

例えば、
初雪、初冠雪、台風の発生、梅雨入り、初夏日、
桜の開花など季節の便りなど。

今までは、リフィルに記入するだけで
流れ去り、埋もれてさせていたデータを、
別の形で表現できないかと思い、

「生態観察図鑑2017版」の小口に、
試しに付せんを検索タグのように貼ってみたら、
一年間の季節の移ろいを立体的に視覚化できるようになった。

01


内容によって色分けし、月の検索インデックスに沿わせることで、
変化の密度も見える。

台風は1月3日の1号(ボラヴェン)から
11月21日の26号(ウサギ)まで、
年間発生数や集中した時期までも把握できる。

02

03

04

05

06

 
今までの単なるログと違う風景と味わいが見えてきた。

“見えるを味わう”という視点
 
これぞ自作リフィルの醍醐味!

“愉”も、
“悦”も、
尽きることなし!
 
 

2019年1月30日 (水)

“生態観察図鑑(daily-control)”における記入の動線と連係

“idea-board hexagon”テスト運用も10日を過ぎ、
手直しを加えて2.0にVER.UP。

センターにテーマを設定
取り囲む6マスに関連項目を配し、
その外側に連想される項目を書き込んで
イメージを自由に膨らませるスタイルを

小口には分類タグ、色分けで明確にしたVER.2.0。

Ver20

 


これをベースにして、
“生態観察図鑑”リフィルで
出来ていることを整理し、まとめてみた。

Hexagon

 

現在、“生態観察図鑑”で行っていること。

“未来と過去の動線を記録する”

TO DO管理行動記録”を
タイムラインで途切れることなく紡ぐ作業。

1 メインは、食生活を見張り心身のコンディションを見守ること
  この先歳にめげずにしっかりと、生き抜くために。

2 興味の赴くままの定点観測
  向かう先の浮き沈みには逆らわずに身を委ね、固執はしない。

3 気になるデータ収集と記録
  自身を含めた身の回りを眺めて比較し、
  プラスでもマイナスでも変化を楽しむ。

4 一瞬の閃きやアイデアを繫ぎ止めるクリップ
  アタマを駆け巡る思いと同速を目指すこと。

5 一日の評価と、明日への引き継ぎ
  今日出来なかったこと、やらなかったことを見極め
  明日の自分へ申し送り。
 
漫然とログを取るのではなく
“生態観察図鑑”としての役割を全うしたいと願う。

この思いもいつまで続くかは気にせず、
半速前進くらいの気持ちで
バイブルサイズの宇宙漂流を続けられたら…

“リフィルはネコ派”
狭いところを好み、好奇心旺盛でいたずら好き!
なんてことを、ふと思う。


2019年1月19日 (土)

久々の新作 「idea-board hexagon 1.0」

一つの発想やテーマを、
“連想”と“連係”を自由に全方位展開させるためのフォーマット。

「IDEA-BOARD TRI 2.0」リフィルをベースに、
蜂の巣のように六角形を並べてみる。

Ph00

Ph01

とりあえず、テスト運用。

Ph02

Ph03

 

中心にテーマを入れて、思いつくままに記入してみる。

例えば、
「リフィルの作法」
「連想と連鎖」
「響いたコトバ」
「リフィルにできること、やっていること」…

いままで色々なスタイルを試してはいるのだが、
なかなかしっくりするモノに、たどり着いてはいなかった。
これは、イイ感じで記入できるような予感…


最後の
「リフィルにできること、やっていること」
次の記事でまとめる予定。

 


より以前の記事一覧